スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市の基本構想・基本計画(資料編)/2010年くらしのスケッチ

ページ番号35740

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2001年2月1日

2010年くらしのスケッチ

基本計画に掲げた「安らぎのあるくらし」と「華やぎのあるくらし」を実現したら、市民の皆さんの生活がどう変化するのか、スケッチしてみました。

 

スケッチ

子どもボランティアリーダー数

0人(2000年度)→200人(小学校区に1人以上)

 

 

スケッチ

保育所待機児童数

533人(2000年度)→0人

 

 

スケッチ

障害のある人が社会参加(スポーツ・文化活動等)をしている割合

身体障害者16.2%(1996年)→50%

知的障害者17.7%(1996年)→50%

 

 

スケッチ

市域における二酸化炭素排出量

7,279トン(1990年)→10%削減

 

 

スケッチ

観光客数

3899万人(1999年)→5000万人

 

 

スケッチ

市立図書館の蔵書数

140万冊(2000年度)→300万冊(倍増)

 

 

スケッチ

インターネット利用率

28.9%(1999年)→90%(3倍増)

 

 

スケッチ

市内における民間非営利組織(NPO)法人認定数

48(2000年)→450(法人資格取得意向のある団体すべて)

 

関連コンテンツ

京都市の基本構想・基本計画(第1期) (資料編)

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション