スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市の基本構想・基本計画(資料編)/市民フォーラム

ページ番号35751

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2001年2月1日

グランドビジョン市民フォーラム

 21世紀の京都のまちや市民のくらしについて市民の皆さんとともに考えていく, 京都市基本構想等審議会委員によるフォーラムを下記のとおり開催しました。

  • グランドビジョン市民フォーラム─2025年の京都へのメッセージ─(平成11(1999)年5月5日開催)
  • グランドビジョン市民フォーラムII─新しい時代の京都を築くために─(平成12(2000)年1月8日開催)

 

グランドビジョン市民フォーラム─2025年の京都へのメッセージ─

フォーラム1

日時
 平成11年5月5日(祝)午後1:00~3:00

場所
 京都会館会議場(左京区岡崎)

テーマ
 「21世紀の京都がめざすまちの姿,くらしのあり方」

挨拶
 西島安則(京都市基本構想等審議会会長・京都市立芸術大学長)

コーディネーター
 鷲田清一(京都市基本構想等審議会副会長,大阪大学大学院文学研究科教授)

パネリスト
 浅岡美恵(弁護士・気候ネットワーク代表)
 市田ひろみ(服飾研究家)
 片岡仁左衛門(歌舞伎俳優)
 佐和隆光(京都大学経済研究所教授)

司会
 土井麻由実

主催
 京都市

 このフォーラムでは,京都市基本構想等審議会での議論の様子をお伝えしながら,京都にまつわるクイズや質問について参加者全員に答えていただくことで,皆さんと一緒に「京都がどんなまちであるのがいいのか,これからのくらしはどうなるのか」という京都の将来像を考えていただき,さらに,それをきっかけに審議会委員である5名のパネリストの皆さんに大いに語っていただきました。
 例えば,「1年間に京都市を訪れる観光客の数は、東京ディズニーランドに比べてどれぐらいか?」というクイズに対しては,会場から,「同じぐらい」「2倍ぐらい」がほぼ同数,それよりやや少なく「3倍ぐらい」という答えがありました。(上の写真のように,パンフレットの色ページを示してもらいました。)このクイズの正解はおよそ2.2倍ですが,市田委員から修学旅行客が減少していることや,訪れる場所のベスト3が、金閣寺,清水寺と新しい京都駅であるといったアンケート結果が紹介され,京都は数日ゆっくり滞在して心の癒(いや)しとなる雰囲気を大切にしなければならないといった話へと発展しました。

 

 

グランドビジョン市民フォーラムII ─新しい時代の京都を築くために─

フォーラム2

日時
 平成12年1月8日(土曜)午後2:00~4:00

場所
 京都会館会議場(左京区岡崎)

テーマ
 「新しい時代の京都を築くために」

挨拶
 桝本頼兼京都市長

コーディネーター
 西島安則(京都市基本構想等審議会会長,京都市立芸術大学長)

パネリスト
 上村多恵子(詩人,京南倉庫株式会社代表取締役社長)
 橋爪紳也 (大阪市立大学文学部助教授)
 韓銀順  (京都市生涯学習総合センター講師)
 鷲田清一 (京都市基本構想等審議会副会長,大阪大学大学院文学研究科教授)

司会
 吉見由香

主催
 京都市

 このフォーラムでは,平成11年12月に策定した京都市基本構想を基に,京都市基本構想等審議会の委員である5名のパネリストの皆さんにその策定過程や来るべき21世紀の京都についての思いを語っていただきました。また,次期基本計画の策定に向けて,会場参加者全員に所々で質問に答えていただき,会場からの回答に応えた熱の入った議論となりました。
 また,フォーラム会場に隣接して設置した展示会場では,基本構想に関する資料や11行政区すべてにおいて取組んでいる行政区別計画の策定に関するパネルや資料,その他市民と行政のパートナーシップで取組んでいる事業等の紹介をしました。


フォーラムレポート

関連コンテンツ

京都市の基本構想・基本計画(第1期) (資料編)

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション