京都市指定・登録文化財-天然記念物(右京区)

ページ番号189663

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-天然記念物(右京区)

月輪寺のホンシャクナゲ(つきのわでらのほんしゃくなげ)

 このホンシャクナゲは,愛宕山中の月輪寺境内の斜面上に育成し,根元で幹が分岐し,株立ちしている。枝は密に混じりあい,一連の樹冠を形成しており,およそ10m×8mの範囲に広がっている。樹高はいずれも4m前後,根元幹周は最大で46cmある。場所柄,貧栄養の土壌で育成環境が制限されていながら,生育状態も良好で,大きな樹冠を形成しており,貴重である。
月輪寺のホンシャクナゲ

白山神社のカシ(はくさんじんじゃのかし)

 このツクバネガシは,白山神社社殿裏側にある小高い古墳様の丘にそびえる。日本に分かれた根元は幹周7.9m,樹高18mの巨樹である。この木は根元が空洞になっており,昔はそこに白山神社の使いである片目のヘビが住んでいたと伝えられている。
白山神社のカシ

福徳寺のサクラ(ふくとくじのさくら)

 胸高幹周は2.72m,樹高10mの古木である。「かすみさくら」の愛称で親しまれているこの桜は,一重のヒガンシダレであり,慶長19年(1614)に移植され,古くから福徳寺のシンボル的な存在となっている。
福徳寺のサクラ

慈眼寺のイチョウ(じげんじのいちょう)

 胸高幹周は3.8m,樹高30mの大木である。慈眼寺裏山にあり,秋には美しい紅葉が周山地域の自然を一段と引き立て,撮影に訪れるカメラマンも多い。また,雌木であるの銀杏が多く採取され,近隣から拾いにくる人も多い。
慈眼寺のイチョウ

八幡宮のスギ(はちまんぐうのすぎ)

 胸高幹周は5.8m,樹高32mの古木である。上中の八幡宮社の神木とされていて,参道が走る京北第三小学校にある。そのために,小学校の大スギとして学校のシンボルとなっていて,旧弓削小学校の校歌にもうたわれている。また,大杉塾のように大杉を名称としている団体もあり,弓削地区の象徴の一つとなっている。

八幡宮のスギ

正法寺のカヤ(しょうほうじのかや)

 胸高幹周は4.3m,樹高21mの古木である。正法寺境内隅にあり,そあの力強い根張りは石垣を若干変形させている。このカヤは正法寺が創建された明応4年(1494)当時のものといわれている。カヤとしては旧京北町域で最大である。
正法寺のカヤ

日吉神社のケヤキ(ひよしじんじゃのけやき)

 胸高幹周は4.3m,樹高21mの古木である。矢代の日吉神社の裏山にあり,岩の上に太い根を張って社殿を覆うように立つ姿は,威圧感すら感じさせる。このケヤキは日吉神社創建当時のものといわれていて,推定樹齢800年である

日吉神社のケヤキ

片波西谷のトチ(かたなみにしたにのとち)

 片波西谷林道の終点に所在していて,胸高幹周は0.78m,樹高15mである。地上より約2mのところから幹が二分している。3m付近の地点で直径約40?の枝が折れたらしく,地上にその枝が半ば腐敗して残存している。樹齢は正確には不明であるが,数百年を経ているものと思われる。枝分かれ部分の窪みに雑木やヒノキの寄生がみられる。樹底部に直径2mの空洞がある。
片波西谷のトチ

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366