スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

キャンパスプラザ講義「実践ユニバーサルデザイン」について

ページ番号27633

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月14日

■キャンパスプラザ講義「実践ユニバーサルデザイン」について

 「京都市みやこユニバーサルデザイン推進条例」の施行にあわせ,平成17年4月から,大学コンソーシアム京都での単位互換授業「実践ユニバーサルデザイン」を開講しています。
 これは、京都工芸繊維大学の森本一成先生のコーディネート(京都工芸繊維大学の提供科目)により,ユニバーサルデザインの考え方とその実践例について,各界で御活躍の講師の方々に,様々な視点から講義していただくものです。ここでは,これまでの講義の概要について掲載しています。 (内容は順次UPしていく予定です。)

■平成17年度

■平成18年度

■平成19年度

平成20年度「実践ユニバーサルデザイン」講座を開講中!!

外部サイトへリンクします 平成20年度も引き続き,京都工芸繊維大学のご協力の下「実践ユニバーサルデザイン」講座の受講生を募集しています。20年度では,社会人の方々がより受講していただきやすいように,廉価な受講料で受講できる聴講制度をもうけました。

(※平成20年度「実践ユニバーサルデザイン」講座は7月19日をもって終了しました。)

1 日時

平成20年4月12日~7月19日 14:00~17:10 (隔週土曜日)

2 場所

キャンパスプラザ京都(JR京都駅ビル駐車場西側)

3 講義概要

講義の概要は,それぞれのタイトルをクリックしてください。

4月12日

みやこユニバーサルデザインについて/市担当者(京都市保健福祉局)

交通バリアフリー法の取組/市担当者(京都市都市計画局)

ユニバーサルデザインを建物に生かすには/栗山裕子(WIN建築設計事務所)

4月26日

車椅子の生活と介助犬/館林千賀子(読売新聞中部支社)

誰もが暮らしやすい社会へ(聴覚に障害のある人の視点から)/深田麗美(京都リップル)

PC要約筆記って何/小早川玲子(京都市要約筆記サークルかたつむり)

演習:「デザインチャレンジ」の説明/村田京子(大分大学)

5月10日

ライトハウスのUDへの取組み/三浦 研(大阪市立大学)

講演とパネルディスカッション:視覚に障害のある生活から感じること/山下純一(ミュージシャン),田尻 彰(京都ライトハウス)

5月24日

社会福祉とユニバーサルデザイン/福富昌城(花園大学)

五感のUDへ,ヒューマンスケールと音環境を中心とした空間の読み取りかた/曽和治好(京都造形芸術大学)

ヒューマンインタフェース設計の考え方/森本一成(京都工芸繊維大学)

6月7日

カラーユニバーサルデザイン/中野仁貴(東洋インキ製造)

ユーザーと創るガスビルトインコンロ~Udea~の開発/正田一貴(大阪ガス)

6月21日

UDトイレの開発・水廻りのUD取り組みについて/熊沢宏夫(TOTO)

障害とは何か?/木島英登(木島英登バリアフリー研究所)

宿泊施設のUD/吉野 修(ホテルグランヴィア京都)

7月5日

オムロンヘルスケアでのUD開発事例/小池 禎(オムロンヘルスケア)

電器製品のUD/久保雅義(京都工芸繊維大学)

7月19日

・演習「デザインチャレンジ」(実践してみよう)プレゼンテーション

 ○ファーストフードショップのセルフサービス

 ○スプーンとピルケースのコラボによる薬の飲み忘れ及び飲みにくさ改善

 ○ユニバーサルデザインのテレビリモコン

 ○UDパック~牛乳パックのUD化~

※受講生の感想

 実践ユニバーサルデザイン受講生の感想の一部を紹介します。

デザインチャレンジの様子1
デザインチャレンジの様子2

関連コンテンツ

キャンパスプラザ講義「実践ユニバーサルデザイン」について

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション