上京区の史蹟百選/擁翠園

ページ番号49271

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年10月21日

Cエリア
擁翠園
擁翠園写真

 京都貯金事務センターの構内にあるために一般には知られていませんが,春秋に公開されますので鑑賞することができます。もとは後藤氏一族の邸を引き継いだ三井家の別邸で,昭和28年に郵政省の所有となりました。
 後藤氏は代々金工を業とする家で,特に刀装の金具に優れた技術を伝えていました。ここはその祖先の領地でしたが,のち北条氏に没収され,室町時代には管領細川満元の屋敷となりました。満元の死後,岩栖院(がんすいん)という寺に改められ徳川家康から旧領として後藤長乗に与えられました。
 庭は池泉回遊式で,満元が足利義満の北山第の余材をもって構築したと伝えますが,主の変転により改修が加えられながらも,よく残っています。ゆっくり歩いて楽しめる都心の名園です。


DATA
・鞍馬口通新町東入 岩栖院町

関連コンテンツ

上京区の史蹟百選・誇りの木