上京区の史蹟百選/大丸ヴィラ

ページ番号12567

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年10月21日

Dエリア
大丸ヴィラ
大丸ヴィラ

 地下鉄の丸太町駅を北へ上がると,イギリス風の洋館があります。駅の出入口もその塀のデザインと合わせています。この洋館は大丸百貨店店主の下村家が居宅として昭和5年にヴォーリズ建築事務所の設計,清水組の施工によって建てられました。
 当時,日本化して行く洋館の中で,イギリスのチューダー様式でまとめられていますところから中道軒(ちゅうどうけん)と名づけられました。急勾配の瓦屋根に煉瓦積の煙突を付け,鉄筋コンクリート造でありながら妻面には太い柱型を見せたハウスティンバー(半木造)によって変化に富んだ外観となっています。
 室内にはヴォーリズの計画になるアメリカのキッチンジャー社の家具が残されており,ともに京都市登録有形文化財になっています。

DATA
・烏丸通丸太町上る 春日町

関連コンテンツ

上京区の史蹟百選・誇りの木