スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伏見区あれこれ : ふしみ昔紀行(平成20年5月)

ページ番号44145

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年2月12日

ふしみ昔紀行(60)

宝塔寺(深草宝塔寺山町)

宝塔寺の写真

 宝塔寺の前身である極楽寺は、藤原基経が発願し、昌泰二(899)年に藤原時平が大成しました。
 本堂は慶長十三(1608)年に、多宝塔は永享十(1438)年以前にそれぞれ創建され、室町中期の四脚門(総門)と共に国の重要文化財に指定されています。多宝塔は、行基葺(ぎょうきぶき)という珍しい瓦でふかれており、応仁の乱の兵火を免れた貴重な建物です。
 なお、源氏物語第三十三帖「藤裏葉」では、光源氏の息子である“夕霧”が、極楽寺を訪れ、“雲居(くもい)の雁(かり)”との恋が成就する設定になっています。

 華やかな王朝絵巻に思いをはせながら、境内を散策されてはいかがですか。平安時代の伽藍石も現存しています。

宝塔寺の地図

 

(伏見区老人クラブ連合会)

 

平成20年5月15日号掲載

 

バックナンバー一覧

 

関連コンテンツ

伏見区あれこれ

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716