スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伏見区あれこれ : 懐かしの写真館(平成14年10月)

ページ番号15112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年2月12日

バックナンバー

名神高速道路

 今回は、竹田七瀬川町にお住まいの島志さんが、昭和38年頃に撮影された名神高速道路の写真です。
 名神高速道路は、昭和38年7月に尼崎~栗東間が開通しました。この写真は、開通したときに名神ハイウェイバスの京都深草バス停から西方向へ撮影されたもので、写真奥には、南インターチェンジが見えます。周辺にはレンガ工場や銭湯があったそうで、煙突がたくさん見えています。
 現在は、道路の両側が壁式防護柵で覆われていて、周囲は見えませんが、マンションや団地などが立ち並ぶ住宅街になっています。
 
開通した頃の名神高速道路の写真

開通した頃の名神高速道路

現在の深草バス停の写真

現在の深草バス停

 

バックナンバー一覧へ

 

関連コンテンツ

伏見区あれこれ

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716