スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伏見区あれこれ : 散歩で新発見(平成16年6月)

ページ番号15362

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年2月12日

バックナンバー

七面山を歩く(所要時間約30分)


七面山周辺地図

 JR稲荷駅から東に進むと伏見稲荷大社があり、その南側には学問・受験の神として知られる東丸神社があります。
 神社東側の細道を南に行き、住宅街をぬけるとぬりこべ地蔵があります。南に進むと深草墓園です。納骨堂形式の墓園で春には桜が満開になります。入口には江戸時代の輪石があります。凹状の輪石は牛馬車が通行しやすいよう重要交通路に敷かれていました。
 石段を上がり、七面山へ。頂上付近には、七面大明神を祀る七面宮があります。石段を下がると宝塔寺です。多宝塔は応仁の乱の兵火をまぬがれた貴重な重要文化財です。
 さらに石段を下がると将棋の初代名人大橋宗桂が眠る霊光寺です。住宅街を北に進み、赤い山門が目立つ石峰寺へ。釈迦の誕生から涅槃までを表した石仏群が有名です。

 

バックナンバー一覧へ

 

関連コンテンツ

伏見区あれこれ

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716