スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伏見区あれこれ : ふしみ昔紀行(平成20年3月)

ページ番号40125

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年2月12日

ふしみ昔紀行(59)

神明神社(深草大亀谷万帖敷町)

神明神社の写真

  神明神社は、通称を桜町大神宮といいます。社記によると、治承二(1178)年、藤原中納言成範は、桜花の短命を惜しみ、落花を遅らせるよう神明に祈願しました。神明はその願いの切なることを憐れみ、花の齢を37日延ばされたので、成範はその神徳の深さを感じ、霊社建立の志を立てました。
 ある夜、14、15歳の神童が白羽の矢を持って枕元に立ち、「汝久しく祀社建立の志深ければ今その願いを遂げしめん、よってこの白羽の矢を深草郷の柏原に指し置くべし、探し求めて宮造りをせよ」と、お告げがありました。成範は、多くの家臣を召し連れて深草郷を訪ね、ついに白羽の矢を探し当て、ここに両大神宮(天照大神・豊受大神)を勧請して、数株の桜を植えて神木としました。
 後、文禄三(1594)年、豊臣秀吉による伏見城築城の際に、城郭内の「佐田彦神社」をここに移して合祀されました。秀吉はこの地の花期の長さを愛し、春には度々桜を愛でるために武運祈願の参拝を兼ねて盛大な雅宴を催しました。
 今も、佐田彦大神の徳「縁結び」「交通安全」の神として尊崇されています。

神明神社の地図

(伏見区老人クラブ連合会)

 

◇ ◇ ◇

 「ふしみ昔紀行」は、伏見区老人クラブ連合会のご協力により掲載しています。老人クラブでは、コーラスなどのサークル活動やゲートボール大会、囲碁大会などを実施しています。クラブには概ね60歳から加入できますので、多くの方のご参加をお待ちしています。詳しくは同事務局(電話603-1283)へ。

平成20年3月15日号掲載

 

バックナンバー一覧

 

関連コンテンツ

伏見区あれこれ

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716