スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 千玄室氏

ページ番号207457

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 千玄室(せん げんしつ)氏[千利休居士第十五代 鵬雲斎千宗室]

名誉市民リストへ

表彰日:平成10年10月15日

生年月日:大正12年4月19日

千玄室氏の写真

<業績>

 氏は、裏千家今日庵第15代家元として、茶道の境地を極められるとともに、我が国はもとより広く世界各国において、日本の心を今日に伝える茶道の普及に努め、我が国を代表する伝統文化の継承と発展に大きく貢献されている。  
 更に、千利休居士により確立された「和敬清寂」に集約される茶道精神に基づき、「一○からピースフルネスを」と提唱され、世界60箇国以上を歴訪し、茶道を通じた世界平和の希求と日本文化の国際的な理解の促進に半世紀にわたり尽力されている。
  また、茶道界初の文化勲章受章者として多方面に活躍されるなど、芸術文化の向上及び生涯学習、国際交流等の進展に大きく寄与されている。

<略歴>

昭和21年9月 同志社大学法経学部経済学科卒業

昭和28年1月 社団法人茶道裏千家淡交会理事長

昭和39年10月 千利休居士第15代を継承、裏千家今日庵家元となる

昭和39年10月 財団法人今日庵理事長 

昭和45年3月 財団法人茶道文化振興財団理事長

昭和46年4月 学校法人裏千家学園理事長 

昭和54年10月 茶道総合資料館館長

昭和56年2月 財団法人国際茶道文化協会名誉会長

平成3年11月 哲学博士(中国南開大学) 

平成6年9月 天津商科大学裏千家茶道短期大学学長 

平成14年10月 財団法人日本国際連合協会会長

平成14年12月 裏千家今日庵家元を千利休居士第16代へ譲る

平成15年5月 日本馬術連盟会長

平成17年9月 日本・国連親善大使

平成20年8月 文学博士(韓国・中央大學校大学院)   

<受賞>

昭和48年11月 藍綬褒章

昭和53年6月 ボストン市名誉市民

昭和53年9月  ホノルル市名誉市民

昭和55年11月  紫綬褒章

昭和58年11月  京都市文化功労者として表彰される。

昭和60年12月 京都府文化功労者として表彰される。

昭和62年10月  京都市国際交流賞

平成元年11月 文化功労者として顕彰される。

平成6年4月  勲ニ等旭日重光章

平成7年10月 国際交流基金賞

平成9年11月  文化勲章

平成10年4月 レジオン・ドヌール勲章

平成10年5月  ディレクナポーン勲章 

平成15年6月 京都府特別功労表彰

平成21年1月 京都府文化賞特別功労賞

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション