スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 川村多實二氏

ページ番号207426

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 川村 多實二(かわむら たみじ)氏

名誉市民リストへ

表彰日:昭和38年10月15日

生年月日:明治16年5月4日(昭和39年12月16日逝去)

川村多實二氏の写真

<業績>

 氏は、大学卒業以来広く欧亜諸国を歴訪し、動物及び動物学の研究を深め、し学の権威者として学界の発展に貢献せられた。昭和9年には京都市立紀念動物園長に就任、その内容の充実に努められ、更にまた、高まいな識見、円満な人格と統率力を嘱望せられ、昭和32年以来京都市立美術大学長として2期、6年に亘り、美術を志す子弟の教育を通じて本市美術大学の発展、ひいては本市美術界の進展に寄与せられた功績は誠に大なるものがある。

<略歴>

明治41年7月 東京帝国大学理工科大学動物学科卒業

大正7年11月 アメリカ、イギリス、イタリア、デンマークにおける動物学の研究のため出張

大正8年2月 京都帝国大学理科大学助教授

大正10年5月 京都帝国大学理学部教授

昭和4年7月 中国における動物学の研究のため出張

昭和7年12月 京都帝国大学理学部長

昭和9年4月 京都市立紀念動物園長

昭和9月9月 欧米各国へ出張

昭和14年8月 中国及び満州における動物学の研究のため出張

昭和17年12月 科学技術審議会委員

昭和19年2月 京都帝国大学名誉教授

昭和23年1月 京都市立美術専門学校講師

昭和32年5月 京都市立美術大学長

昭和33年4月 日本生態学会名誉会員

昭和36年6月 京都市風致審議会委員

昭和38年5月 京都市立美術大学名誉教授

<受賞>

昭和39年12月  正三位勲二等旭日重光章

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション