スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 片山愛子氏

ページ番号207440

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 片山愛子(かたやま あいこ)氏[四世 井上八千代]

名誉市民リストへ

表彰日:昭和50年10月15日

生年月日:明治38年5月14日(平成16年3月19日逝去)

片山愛子氏の写真

<業績>

 氏は、幼少の頃京舞井上流の道に入り、永年にわたり能の振りを取り入れた本行舞を伝承されるとともに、振り付けの面においても才能を発揮され、その手になる曲数は、およそ百曲を数え、井上流独自の風格を高め、京舞の幽艶さを深められた。
  また、京舞井上流の四世家元として、後進の指導及び育成にも力を注がれ、多くの名手を養成されるとともに、京舞の重要無形文化財保持者として、我が国舞踏界の第一人者としての位置にあり、京舞の普及及び発展を通じて市民文化の向上に大きく寄与された。

<略歴>

明治41年6月 京舞井上流三世井上八千代に入門

大正8年10月 井上姓を許される

大正12年6月  祇園女子専門学校教師

昭和22年7月 京舞井上流四世井上八千代を襲名

昭和30年2月 重要無形文化財保持者に認定される 

昭和32年2月 日本芸術院会員

昭和44年12月 財団法人京都市文化観光資源保護財団評議員 

<受賞>

昭和27年3月 日本芸術院賞 

昭和44年11月 京都市文化功労者として表彰される

昭和50年11月  文化功労者として顕彰される

昭和51年11月  勲三等宝冠章

平成2年11月   文化勲章 

 

 

 

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション