スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 山口米次郎氏

ページ番号207442

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 山口米次郎(やまぐち よねじろう)氏[山口華楊]

名誉市民リストへ

表彰日:昭和57年10月15日

生年月日:明治32年10月3日(昭和59年3月16日逝去)

山口米次郎氏の写真

<業績>

 氏は、西村五雲に学び、従来の自然写生の伝統を受け継ぐだけでなく、的確な鋭さと微妙な心理の表現を加えるなど、日本画壇に常に新風を吹き込み、独自の境地を拓かれるに至った。
  また、西村五雲の逝去後「晨鳥社」を主宰するほか、新文展、日展などの審査員、日本芸術院会員及び文化勲章受章者として、芸術界において広く活躍されるとともに、多年に亘り、京都市美術館評議員として美術行政に貢献されるなど、市民文化の発展に大きく寄与された。

<略歴>

明治45年4月 日本画家西村五雲に師事

大正8年3月 京都市立絵画専門学校卒業

昭和11年5月  京都市立絵画専門学校助教授 

昭和11年10月 新文展、京展、日展及び新日展の審査員を歴任

昭和13年11月 画塾「晨鳥社」を主宰 

昭和17年3月 京都市立絵画専門学校教授

昭和33年11月 京都市美術館評議員

昭和44年3月 社団法人日展理事、監事、常任理事及び顧問を歴任

昭和46年12月 日本芸術院会員 

<受賞>

大正5年10月 文展入選

昭和2年10月 帝展特選

昭和3年10月  帝展特選 

昭和31年3月  日本芸術院賞

昭和46年11月  京都市文化功労者として表彰される

昭和48年11月 勲三等瑞宝章

昭和55年11月  文化功労者として顕彰される

昭和56年11月 文化勲章

昭和59年3月  従三位 

 

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション