スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 服部峻治郎氏

ページ番号207434

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 服部峻治郎(はっとり しゅんじろう)氏

名誉市民リストへ

表彰日:昭和48年10月15日

生年月日:明治23年12月18日(昭和58年4月19日逝去)
 

服部峻治郎氏の写真

<業績>

 氏は、我が国の医学界の重鎮として、小児科医学の分野において、特にアレルギー、結核、寄生虫症の研究について偉大な業績を残された。また、戦前戦後を通じて学童の健康管理に全力を傾注され、現在の学校保健学会の礎石を築かれた。
  更に、教育者としても、有為な人材を世に数多く送り出され、また、京都大学総長の重責にあるときは、新制大学制度の円滑な推進に尽力されたほか、教育委員制度改革後の京都市教育委員会委員長として教育行政に貢献されるなど、本市の学術文化の向上に大いに寄与された。

<略歴>

大正7年11月 京都帝国大学医科大学卒業

大正12年6月 倉敷中央病院小児科医長

大正12年11月 医学博士

昭和6年3月 京都帝国大学医学部教授

昭和16年12月 京都帝国大学医学部附属医院長

昭和20年12月 京都帝国大学結核研究所長 

昭和24年5月 京都大学医学部附属医院長

昭和26年4月 京都大学分校主事

昭和26年11月 京都大学総長

昭和28年12月 京都大学名誉教授

昭和31年10月  京都市教育委員会委員長          

<受賞>

昭和18年9月 従四位

昭和43年4月 勲一等瑞宝章

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション