スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 小野英吉氏

ページ番号207432

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 小野英吉(おの えいきち)氏 [小野竹喬]

名誉市民リストへ

表彰日:昭和48年10月15日

生年月日:明治22年11月20日(昭和54年5月10日逝去)
 

小野英吉氏の写真

<業績>

 氏は、若くして日本画壇に身を投じ、風景画一筋に70年近い歳月を歩み、人柄そのままに淡々とした清澄かつ温和な作品の中に独自の画風を完成され、その若き日には、新しい芸術の創造とその擁護のため、国画創作協会の運動に激しい情熱を燃やし、日本画の新しい展開に大きな足跡を残された。
  また、文展、日展などの審査員、芸術院会員及び文化功労者として広く活躍されるとともに、京都市立美術大学教授として伝統を誇る京都画壇の発展及び後継者の育成に多大の貢献をされるほか、京都府文化事業団理事長などの公職に就いて、美術行政面でも大いに活躍され、市民文化の発展に大きく寄与された。

<略歴>

明治44年3月 京都市立絵画専門学校卒業

大正7年1月 国画創作協会を創立

昭和4年9月 帝展推薦 

昭和11年4月 文展及び日展の審査員を歴任

昭和20年9月 京都市美術館評議員

昭和22年4月 京都市立美術専門学校教授 

昭和22年7月 日本芸術院会員

昭和25年4月 京都市立美術大学教授

昭和33年5月 社団法人日展理事

昭和44年5月 社団法人日展顧問

昭和44年7月  京都市立芸術大学名誉教授

昭和44年11月 財団法人京都府文化事業団理事長      

<受賞>

昭和43年11月 文化功労者として顕彰される

昭和44年11月 勲ニ等瑞宝章

昭和51年11月  文化勲章

昭和54年5月  従三位

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション