スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市名誉市民 桑原武夫氏

ページ番号207447

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月20日

京都市名誉市民 桑原武夫(くわばら たけお)氏

名誉市民リストへ

表彰日:昭和57年10月15日

生年月日:明治37年5月10日(昭和63年4月10日逝去) 

桑原武夫氏の写真

<業績>
 
 氏は、スタンダール、アランなどの研究を通じて、広くフランスの文学及び評論を我が国に紹介されるとともに、様々な分野の学者を組織化して、先駆的な共同研究システムを推進し、「ルソー研究」を初めとする優れた成果を収め、我が国の人文科学の分野に画期的な業績を残された。
  また、フランス文学のみにとどまらず、多方面に亘って深い理解と幅広い行動を示され、世界的視野に立った日本文化の発展に尽力されるとともに、豊かな国際感覚と文化全般に亘る深い造詣により、戦後の日本文化の指導者としてゆるぎない地位を築かれた。
  更に、京都市世界文化自由都市推進委員会委員長、京都市社会教育総合センター所長、平安建都1200年協会会長に就任されるなど、学術文化の向上に大きく寄与された。

<略歴>

昭和3年3月 京都帝国大学文学部文学科卒業

昭和6年5月 京都帝国大学文学部講師

昭和18年11月  東北帝国大学法文学部助教授

昭和23年11月 京都大学人文科学研究所教授

昭和26年1月 日本学術会議会員 

昭和34年10月 京都大学人文科学研究所長

昭和35年1月 日本学術会議副会長

昭和43年3月 京都大学名誉教授

昭和48年8月 日本ユネスコ協会連盟副会長

昭和52年8月 日本ユネスコ国内委員会副会長

昭和52年11月 日本芸術院会員

昭和56年4月 京都市世界文化自由都市推進委員会委員長 

昭和56年4月 京都市社会教育総合センター所長

昭和60年7月 財団法人平安建都1200年記念協会会長 

<受賞>

昭和15年5月 紺綬褒章 

昭和49年1月 勲ニ等瑞宝章

昭和50年1月  朝日賞

昭和50年  フランス レジョン・ド・ヌール勲章 

昭和54年11月  文化功労者として顕彰される

昭和56年3月 NHK放送文化賞 

昭和62年11月  文化勲章

昭和63年4月 従三位勲一等瑞宝章

関連コンテンツ

京都市名誉市民

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室秘書担当

電話:075-222-3066

ファックス:075-222-3177

フッターナビゲーション