スマートフォン表示用の情報をスキップ

山科なす

ページ番号29292

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年12月18日

山科なす

山科なすの栽培状況拡大写真
山科なすの栽培状況写真

来歴

現在の山科一帯で古くから栽培されてきたなすです。左京区吉田で栽培されていた「もぎなす」を大型に改良したものとされています。

特徴

幹は太く枝は直立します。樹勢はやや弱く,葉は広くてやや長円で浅い欠刻があります。果形は長円形又は卵型で,濃紫黒色で光沢があります。
果皮薄く,肉質が軟らかいので,日持ちせず,輸送に適さないために栽培が減少しました。

栽培

栽培戸数3戸。“京都市特産そ菜保存圃”を設置し,山科区勧修寺の農家に委託しています。

こんな料理

にしんなす,焼なす,天ぷら,田楽,おひたし

一口メモ

にしんなす

  1. なすのへたを切り,両面に斜めに3~5本の庖丁目を入れ,大きいなすは縦半分に切ります。
  2. 身欠きにしんをとぎ汁に一晩浸して戻し,よく洗ってから,なすと一緒にだし汁,砂糖,濃口しょうゆ,みりんでなすが軟らかくなるまで煮ます。

お問い合わせ先

農業振興整備課 222-3352

フッターナビゲーション