月輪分団

ページ番号179553

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月21日

月輪分団


所在地

東山区本町十五丁目778

分団紹介

 月輪分団は,団員数17名,うち女性団員は4名(平成27年3月1日現在)で,「明るく楽しく」,そして「きびしく」をモットーに「やさしさ」と力強さ」を持った地域住民に信頼される消防分団として活動を行っています。

活動紹介

民生委員と合同防火訪問を実施!(平成29年2月11日)

 月輪消防分団では,2月11日,地域の民生委員と合同で訪問防火指導を実施しました。

 当日は,雪の残る寒い日でしたが,各家庭を訪問し「住宅用火災警報器の設置確認」「暖房器具に潜む火災危険」などを呼び掛けました。

 今後も,このような訪問を通して,地域の皆さんと共に月輪学区の安心安全を築いて行きたいと思います。


大規模災害時における震災対応訓練を実施!(平成29年1月22日)

 京都市消防局消防活動総合センターにおいて,東山消防団震災対応訓練が実施されました。

この訓練では,東山消防団本部から無線により各分団が消防分団器具庫から出発し,訓練施設内の消火栓へ水利部署を行い,一斉放水を行いました。月輪分団も,実践気迫溢れる訓練を披露しました。


東福寺駐車場で放水訓練を実施!(平成28年9月19日)

 月輪消防分団では,毎年この時期,東福寺駐車場内に設置されている小型動力ポンプを使用してホースを延長し,放水訓練を実施しています。

 当日は,小雨の降る中でしたが,分団員全員が声を出しながら防火水槽の水量を確認し小型動力ポンプの資器材を点検した後,放水を行いました。

 また,今回の訓練では,新任の消防団員に小型動力ポンプの操作方法や放水姿勢を丁寧に指導するなど,若手教育にも貴重な訓練となりました。


東福寺境内に設置されている消防用設備を使用しての訓練を実施!(平成28年7月17日)

 

 夏の文化財防火運動に伴い,臨済宗大本山東福寺の境内に設置されている消防用設備の動作点検及び清掃を実施しました。

 当日は,梅雨明け前の小雨が降る蒸し暑い中でしたが東福寺職員,自衛消防隊員も参加され点検の後,自衛消防訓練を実施しました。

 今回の訓練は,放水銃や屋外消火栓の取扱いだけではなく参加者それぞれが災害時の役割を再確認するなど防災意識の向上にも繋がりました。


東山消防団総合査閲(平成28年5月15日)

 平成28年5月15日に東山開睛館グラウンドにおいて,東山消防団による総合査閲が行われました。月輪分団では,この日のために通常点検及び小型動力ポンプ操法の訓練を重ねてきました。当日は,汗ばむ陽気の中でしたが,「操作かかれ」の掛け声とともに分団員の気迫あふれる姿を披露しました。今年度も月輪分団は,団員一丸となって地域の防火・防災に貢献します。


年末特別警戒区長激励巡視(平成27年12月25日)

 年末防火運動初日,元月輪小学校において東山区長による激励巡視が行われ,自主防災会をはじめ,本団,自治連合評議会等の各種団体が激励に訪れました。月輪学区では,皆さんのご協力もあり,2年連続無火災を達成することができました。今後も火災0を継続できるよう分団員も日々精進し,各種団体と協力して月輪学区民のため2016年も頑張ります。


東山区総合防災訓練(平成27年10月25日)

 10月25日に京都市立東山泉小中学校西学舎グラウンドにおいて,東山区総合防災訓練を実施されました。三学区(月輪・一橋・今熊野)合同の防災訓練で月輪学区自主防災会役員が訓練コーナーの1つの担架取扱い及び倒壊家屋の救出訓練に参加し,月輪消防分団は訓練補助を行い,過去の訓練経験を活かし役員と共に熱心に訓練指導を実施しました。また,車椅子での搬送訓練では,洛東園職員が参加し,日頃の協力体制の確認が出来ました。防災訓練終盤には,三分団(月輪・一橋・今熊野)合同の実放水訓練を実施しました。グラウンド内の防火水槽から小型動力ポンプを使用し,各分団1線(ホース4本)放水を学区民に披露しました。



東福寺駐車場で放水訓練を実施(平成27年9月13日)

 9月13日,毎年紅葉シーズンが訪れる前,東福寺駐車場内にある100tの防火水槽を使用し,設置されている小型動力ポンプからホースを延長して放水訓練を実施しました。

 小型動力ポンプの資器材を含めた全般的な点検をはじめ,防火水槽の水量等の点検を実施し,市民及び観光客の安全を考慮し,早朝の駐車場が開く前に実施しました。

平成27年度洛東園と月輪学区自主防災会との合同防災訓練(9月6日)

 毎年この時期に,洛東園と月輪学区自主防災会が合同の防災訓練を実施しています。今年は雨が降る中,月輪消防分団員が指導の中心となり,消火器の取扱訓練,担架搬送訓練及び屋内消火栓放水訓練を実施しました。その後,洛東園職員指導による車椅子を使用しての搬送訓練等も実施しました。  

 訓練終了後には,双方が大規模災害時おける相互協力を締結していることから,石川分団長立合いの元,覚書の内容確認及び署名を実施し,更なる相互協力を誓いました。



お問い合わせ先

京都市 消防局東山消防署

電話:075-541-0191

ファックス:075-531-1999