スマートフォン表示用の情報をスキップ

申請から検査までの流れ

ページ番号24798

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月2日

1.事前調査・事前相談

 事前調査報告書に基づき,建築基準関係規定の届出等の有無をご確認ください。

 各区消防署とも事前協議をお願いします。各区消防署についてはこちらをご覧下さい。

更新履歴

平成30年9月13日

  • 表2「京都市建築基準法施行細則第30条第1項による通知(定期報告対象建築物等の建築等の通知)」を追加しました。(手続の詳細はこちらを御参照ください。)
  • 表2「京都市眺望景観創生条例による事前協議(景観デザインレビュー)」を追加しました。

平成30年4月6日

  • 表1「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律第5条第4項及び京都市自転車等放置防止条例による届出」,「消防法第9条,第9条の2,第15条及び第17条による協議」,「液化石油ガスの保安確保及び取引適正化に関する法律第38条の3による届出」及び表2「土地区画整理法第76条による許可」の担当部署を修正しました。
  • 表2「京都市高層建築物等に係る防災計画書の作成に関する指導要綱による届出」を削除しました。
  • 表2「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律第10条による許可(土砂災害特別警戒区域)」を追加しました。
  • その他一部内容の整理や改行等の修正を行いました。

平成29年12月15日

  • 表2「旅館の建築に関する協議」及び「食品衛生法,興行場法,公衆浴場法及びクリーニング業法による届出」の「関係部署名」欄について,担当部署の変更を反映しました。
  • その他一部改行等の修正を行いました。

2.確認申請(計画通知)

<受付>

確認申請の受付は建築審査課で行います。

受付の際,受理時の審査を行います。

受理時の審査で大きな不備等がある場合は受付できないことがありますのでご注意ください。

受付時間について

 

<申請図書の提出部数>

昇降機,建築設備,工作物の場合 2部(正・副)

建築物の場合 2部(正・副)

<関連項目>

3.消防同意

4.審査及び申請に対する処分

(1) 適合することを決定することができない旨の通知書交付

 (期限付き)

  • 軽微な修正又は追加資料を求め,適合するかどうかを審査します
  • 通知書に対する回答書を添えて資料を提出してください
  • 再審査期間は法定期限に含まれません

 (無期限)

  • 申請図書に重大な不整合等があり,ずさんな設計の場合は審査を終了します
  • 確認申請取り下げ届の提出があった場合,副本をお返しします

(2)適合しない旨の通知書交付

  • 建築基準関係規定に適合しないため,審査を終了します
  • 通知書をお渡しするとともに副本をお返しします

(3)確認済証を交付します

  • 申請図書が建築基準関係規定に適合している場合は,確認済証を交付します

5.確認済証の交付

 建築審査課で確認済証をお受け取り下さい

6.中間検査

 中間検査対象建築物の場合は,建築審査課で中間検査の申請を行ってください

 詳細はこちら

7.中間検査合格証交付

 建築審査課で中間検査合格証をお受け取り下さい

8.完了検査

 建築審査課で完了検査の申請を行ってください

 詳細はこちら

9.検査済証の交付

 建築審査課で検査済証をお受け取り下さい

 

<参考>

 ◇確認申請から検査済証交付までの検査の流れ

建築確認から完了検査までの流れ(京都市に提出する場合)

関連コンテンツ

建築基準法に基づく確認・検査及び仮使用認定について

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション