建築物防災計画書

ページ番号163595

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月1日

建築物防災計画書

 

 京都市では,「京都市高層建築物等に係る防災計画書の作成に関する指導要綱」に基づき,以下の建築物を新築等される場合に,防災計画書の提出をお願いしています。 

 

建築物防災計画書の届出対象となる建築物
 1高さが45メートルを超える建築物
 2高さが31メートルを超える建築物で,高さが31メートルを超える部分に居室を有するもの
 3建築基準法施行令第147条の2各号に掲げる建築物
 4次のアからウまでに掲げる用途に供する建築物で,その用途に供する部分の床面積の合計が1万平方メートルを超えるもの

ア 百貨店,マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場
イ 病院,診療所(患者の収容施設があるものに限る。)又は児童福祉施設等
ウ 劇場,映画館,演芸場,観覧場,公会堂,集会場,ホテル,旅館,キャバレー,カフェー,ナイトクラブ,バー,ダンスホール,遊技場,公衆浴場,待合,料理店又は飲食店

京都市高層建築物等に係る防災計画書の作成に関する指導要綱及び案内,様式はこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連コンテンツ

建築基準法に基づく確認・検査及び仮使用認定について

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616

ファックス:075-212-3657