山科消防署

ページ番号178998

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月26日

山科消防署長挨拶

山科消防署長


 京都の東の玄関口に位置し,京都盆地同様三方を山に囲まれた山科区は,古来より交通の要衝地として栄えてきました。悠久の歴史に育まれた伝統と文化を現代に伝えながら,砥粉・清水焼・仏壇仏具などの伝統産業と,精密部品や金属製品などの先端産業が共存し,更に,商業地域のにぎわいを有しています。
 特に昭和30年代以降の交通網の発達とモータリゼーションに伴い,山科のまちも急速に発展し,絶えず変貌してまいりました。

 昨年は,山科区発足40周年の節目の年であり,消防署・消防団も一丸となって防火・防災の様々な取組を進めてきましたが,火災件数は前年比10件増の21件となり,3人の方が犠牲となりました。

 この結果を踏まえ,山科消防署では,消防団とともに,より一層積極的に火災予防推進施策を展開し,一方で,近年先鋭化する気象災害及び多発する地震に対する備えの充実・強化を進め,「災害に強いまち山科」「誰もが安心して暮らせる安全のまち山科」を目指して取り組んでまいります。
 私どもの取組に対しまして,引き続き,区民の皆様の御理解と御協力をいただきますよう,よろしくお願いします。

                                                         山科消防署長 井上 元次

コンテンツ

  • 山科消防署マネージメントプラン(署独自取組)
  • 山科消防署ニュース
  • 山科少年消防クラブ
  • 山科消防団
  • 災害統計
  • 災害トピック
  • キッズコーナー
上のバナーをクリックすると該当ページへ移動します。

本署

クリックすると拡大

所在地等

〒607-8341 京都市山科区西野今屋敷町2-10 

TEL:075-592-9755/FAX:075-591-1999 

配置車両

  • 山科指揮隊
  • 山科1水槽
  • 山1電源
  • 山科2ポンプ
  • 山2化学
  • 山2大型
  • 山A
  • 消防隊の消太
  • 救急隊の消太

勧修寺消防出張所

  • 勧修寺消防出張所
  • 勧修寺消防隊
  • 勧修寺救急隊

〒607-8226 京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6 

Tel:075-573-0119 

大塚消防出張所

  • 大塚消防出張所
  • 大塚消防隊
  • 大塚救急隊

〒607-8134 京都市山科区大塚北溝町23-1 

Tel:075-595-0240 

沿革

~自治体消防発足前~
昭和7年2月16日(1932年)竹鼻外田町に 八坂消防署 山科消防出張所 開設
ポンプ車 1台 配置
昭和7年8月3日(1932年) 竹鼻四丁野町に移転
~自治体消防発足後~
昭和23年3月7日(1948年)京都市八坂消防署 山科消防出張所 開設
昭和25年4月1日(1950年)京都市東山消防署 山科消防出張所 に改称
ポンプ車 2台 配置
昭和36年12月21日(1961年)  山科消防出張所に 救急車1台 追加配置
昭和39年4月1日(1964年) 京都市東山消防署 山科消防分署 に昇格
ポンプ車 1台,水槽車 1台,救急車 1台 配置
昭和47年11月21日(1972年) 現在地(西野今屋敷町)に新築移転
はしご車 1台 追加配置
昭和51年4月1日(1976年) 京都市東山消防署勧修寺消防出張所 開設
ポンプ車 1台 配置 
昭和51年10月1日(1976年)  山科区に分区,京都市山科消防署 に昇格
平成2年10月2日(1990年)勧修寺消防出張所に 救急車 1台 追加配置
平成13年4月1日(2001年) 京都市山科消防署 大塚消防出張所 開設
ポンプ車 1台,化学車 1台 配置
平成13年10月1日(2001年)  京都市山科消防署 発足25年
全配置車両 消防車10台,高規格救急車3台, その他車両3台
平成18年10月1日(2006年)京都市山科消防署 発足30年
平成28年10月1日(2016年)京都市山科消防署 発足40年

昭和47年当時の東山消防署 山科消防分署(現山科消防署)


昭和51年当時の東山消防署 勧修寺消防出張所

発足30周年記念パンフレット「絆」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。