スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

山科ジュニア消防団(山科JFC)

ページ番号223269

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月31日

ジュニア消防団とは

少年消防クラブの徽章
少年消防クラブ
ロゴ

 平成30年3月末まで「山科少年消防クラブ」として活動していましたが、4月からは「山科ジュニア消防団」と名称を変更しました。
 これまでどおり,防火・防災思想の普及を図ることを目的として、少年少女で結成された防災組織ですが,地域で防火・防災活動を展開する山科消防団との結びつきを強固にして,地域活動にも積極的に参加してくこととしています。

 山科ジュニア消防団では,山科消防団の指導員(従来の育成員が山科消防団に入団し,指導員となりました。)に支えられ,16人の子供たちが団員として活動しています。(平成29年4月現在)


 ジュニア消防団員は,防火・防災についての知識を身に付けるとともに,自主防災会や消防団などが行う身近な地域活動と連携し,防火・防災に関する様々な訓練の実施,講習会等への参加,火災予防ポスターの作成,防火パトロールや防火・防災に関する啓発活動等諸行事への参加などを通じて,地域における防火・防災思想の普及に努めています。

                                            山科ジュニア消防団指導員代表 角村 国春

特に優良な少年消防クラブとして総務大臣賞を受賞

平成30年3月24日に特に優良な少年消防クラブとして総務大臣賞を受賞しました。

沿革

山科ジュニア消防団の歩み
年月日できごと
昭和56年2月10日山科少年消防クラブ結成準備委員会開催
昭和56年3月1日山科少年消防クラブ結成式
クラブ員40名・育成委員6名でスタート
(男子23名・女子17名,4年生29名・5年生11名)
第1班(鏡山・陵ケ岡)        10名
第2班(音羽・音羽川・大塚)    10名
第3班(山階・山階南・安朱)    10名
第4班(勧修・小野・大宅・百々)   10名
昭和58年11月4日京都府知事表彰受賞(福嶋代表幹事)
平成1年3月28日優良少年消防クラブ表彰受賞(日本消防協会から)
平成8年10月15日自治記念市長感謝状受賞(福嶋代表幹事)
平成11年10月15日自治100周年記念表彰受賞(福嶋代表幹事)
平成17年10月15日自治記念市長感謝状受賞(園村育成委員)
平成17年11月20日京都府知事表彰受賞(園村育成委員)
平成19年3月26日特に優良な少年消防クラブ表彰受賞外部サイトへリンクします
平成30年3月24日特に優良な少年消防クラブ表彰受賞(総務大臣賞)
平成30年4月1日山科ジュニア消防団(山科JFC)に改組

最近の活動の様子

次回の研修について

9月研修  9月1日(日曜日)  防災訓練,体験研修  (阿倍野防災センター)

過去の活動

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局山科消防署

電話:075-592-9755

ファックス:075-591-1999