スマートフォン表示用の情報をスキップ

緑化計画書

ページ番号172307

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月4日

概要

 京都市では,「京都市地球温暖化対策条例」により,緑化重点地区において,その敷地面積が1000㎡以上である建築物の新築又は改築をしようとする者(特定緑化建築主)は当該建築物及びその敷地に緑化施設を設けなければならない(第50条)。また,特定緑化建築主には上記に関する事項の届出を義務付けしています(第52条)。

対象建物及び地域

  • 対象となる建築物

   敷地面積1,000㎡以上の建築物の新築,改築が対象となります。
 ※この場合の改築とは,敷地内の建物を全部除去して、同じ場所に従前と構造,規模及び用途が著しく異ならないものを建てることをいいます。

  • 対象となる地域

   京都市の定めた緑化重点地区(都市緑地法第4条に基づき指定定する地区)

   ⇒市街化区域全体

緑化面積の算出方法

※PDFファイルが開かない場合は,右クリックによりファイルをデスクトップ等に保存したうえご利用ください。

提出書類

緑化計画書(正副2部)  ※建築確認の申請を行う日の30日前までに提出

  • 緑化計画書(第10号様式)
  • 位置図(行為地又は建築物等の位置及び方位を示すもの)
  • 屋根伏図
  • 緑化計画平面図
  • 緑化計画断面図
  • 求積図
  • 建築物立面図(2面以上)
  • 樹木等一覧表(別紙)
  • 委任状(届出者と緑化計画書作成者が異なる場合)

    ⇒様式はこちら

緑化計画変更届出書(正副2部)  ※変更後速やかに

  • 緑化計画変更届出書(第11号様式)
  • 変更後の緑化計画書(第10号様式)
  • 委任状(変更届出書の手続に関するもの)
  • 変更に係る図表

    ⇒様式はこちら

緑化工事完了届(正副2部)  ※工事完了後速やかに

  • 緑化工事完了届出書(第12号様式)
  • 緑化完了平面図(緑化計画平面図に写真撮影位置を記載した図)
  • カラー写真
  • 委任状(完了届の手続に関するもの)

    ⇒様式はこちら

関連事業

「京都市緑の基本計画」について

 京都市では,「環境モデル都市・京都」として,地球温暖化対策の推進,ヒートアイランド対策の推進,新景観政策の推進などの視点を反映させた「京都市緑の基本計画」を策定し,大切な緑を守り増やし,緑あふれるまちを実現するため,様々な取組を進めています。 

 詳しくはこちら(担当:建設局 水と緑環境部 緑政課)をご覧ください。

京(みやこ)のまちなか緑化助成事業

 京都市では,「京都市補助金等の交付等に関する条例」,「京都市補助金等の交付等に関する条例施行規則」及び「京のまちなか緑化助成事業実施要綱」に基づき,都市の緑化を進め,地球温暖化やヒートアイランド現象の緩和,加えて,良好な景観の形成などを目的に,「京のまちなか緑化助成事業」を実施しています。

 この事業は,個人や事業者の方が建築物の屋上・壁面や駐車場等の道路に面する敷地において,新たに樹木の植栽などの緑化を行う際に,京都市が設置費用などの助成を行うものです。

 詳しくはこちら(担当:建設局 水と緑環境部 緑政課)をご覧ください。

京都府地球温暖化対策条例に基づく緑化計画書(旧様式について)

 平成24年3月31日までに,京都府地球温暖化対策条例に基づき提出した緑化計画書の変更届及び完了届の提出については,以下の様式を利用してください。

    ⇒様式はこちら

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション