スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地域産木材の利用及び再生可能エネルギー利用設備

ページ番号172305

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月4日

概要

 「京都市地球温暖化対策条例」により,特定建築物に地域産木材を利用しなければならない(第40条)。また,特定建築物又はその敷地に,再生可能エネルギー利用設備で,特定建築物からの温室効果ガスの排出の量の削減に寄与するものを設置しなければならない(第41条)と定めています。また,上記に関する事項の提出を義務付けしています(第42条)。

 基準等の具体的な内容については,京都市地球温暖化対策条例施行規則第23条から第27条及び下記の要綱等に定められています。

リーフレット

対象建築物

 特定建築物 : 延べ面積2,000㎡以上の新築または増築(増築の場合は増築部分の面積)を行う建築物

地域産木材の利用の基準

地域産木材の利用

特定建築物に次の式で算定する量以上の地域産木材を利用しなければなりません。

義務量(m3)=1/100(√A1+√A2+√A3+・・・+√An)

 A1,A2,A3,・・・,Anは,利用可能居室(下記※を除く)の面積(㎡)

 ※利用可能居室に含めなくてよい居室

  1. 建築基準法施行令第128条の5第2項,第3項,第5項又は第6項の規定により内装制限がかかる居室    
  2. 機能上又は衛生上,内装への木材利用がふさわしくない居室(※※

  ※※次の事例により上記2を適用する場合は,図面を作成し,室の具体的利用方法を窓口にて事前に御相談ください。

   (例1)居室の用途上,常に湿気にさらされている居室
   (例2)居室の用途上,衛生環境を保つ必要がある居室
   (例3)居室の用途上,汚れやすく水や薬品で清掃を頻繁に行う必要がある居室
   (例4)居室自体が特殊な用途を持つため,木材を利用することができない居室

利用量に算入される木材

  • 内装,外装,構造材,造り付け家具等
  • 利用可能居室に限らず,廊下,玄関等当該建築物全体

地域産木材の種類

地域産木材として認められる木材は次の3種類です。

 1.京都市地域産木材(みやこ杣木

  取扱事業者等情報はこちら→京都市域産材供給協会外部サイトへリンクします

 2.京都府産木材(ウッドマイレージCO2認証木材

  取扱事業者等情報はこちら→一般社団法人 京都府木材組合連合会外部サイトへリンクします(京都地球温暖化防止府民会議)

 3.前各号に掲げるもののほか,地域産木材として市長が認めるもの

※建築物工事完了届に添付が必要な当該木材の証明書(リンク先下部表参照)が取得できない例がありますので,発注前に取扱事業者の方に御確認ください。

再生可能エネルギー利用設備設置の基準

再生可能エネルギー利用設備

特定建築物又はその敷地に,熱量に換算して年間30,000メガジュール以上のエネルギーが利用可能な,再生可能エネルギー利用設備を設置しなければなりません。

(参考) 定格容量3.2kWの太陽光パネル(結晶系)を真南向きに傾斜角30°で設置した場合,約30900メガジュールとなります。

再生可能エネルギー利用設備として認められるもの

【エネルギーを変換して利用する設備】

  • 太陽光発電設備(太陽光発電パネル等)
  • 太陽熱利用設備(太陽熱温水器等)
  • バイオマス利用設備(ペレットボイラー等)
  • 風力発電設備
  • 水力発電設備
  • 地熱発電設備

【エネルギーを直接に利用する設備※】

  • 自然採光設備(ライトシェルフ等)
  • 温度差利用設備(クール/ヒートチューブ等)
  • 自然換気設備(換気用自動ダンパー等)

※景観規制上【変換利用の設備】を設置できない場合,立地条件上日射量が十分得られない場合等に限り,算入可能

算出基準

利用量の算出は,下記リンクから飛べる様式ページに「再生可能エネルギー算出表例」ファイルを掲載しております。こちらを利用いただければ,比較的容易に計算できます。

提出書類

地域産木材利用及び再生可能エネルギー利用設備設置届出書(正副2部)  ※工事着手予定日の21日前までに提出

  • 地域産木材利用及び再生可能エネルギー利用設備設置届出書(第6号様式(第26条関係))
  • 委任状(特定建築主と届出者が異なる場合)
  • 一般図(届出書記載の内容(所在地,構造,階数,各種面積等)が確認できるもの)
  • 木材利用基準量に関する図面(全ての居室の名称及び面積が確認できるもの)
  • 木材利用量に関する図面(利用箇所及び利用量算出表の根拠となるもの)
  • 再生可能エネルギーの設置に関する図面(計算表の数値根拠となるもの)
  • 木材利用基準量の算出表及び利用量算出表(様式自由) ※
  • 再生可能エネルギー利用量の算出表(様式自由)※      
  • その他市長が必要と認める資料

  ⇒様式はこちら(※算出表例とも)

地域産木材利用及び再生可能エネルギー利用設備設置計画変更届出書(正副2部)  ※変更後,速やかに提出

  • 地域産木材利用及び再生可能エネルギー利用設備設置計画変更届出書(第7号様式(第27条関係))
  • 変更内容が確認できる書類
  • 委任状(変更の手続に関するもの)

  ⇒様式はこちら

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション