スマートフォン表示用の情報をスキップ

建築物環境配慮性能の表示

ページ番号172306

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月4日

概要

 「京都市地球温暖化対策条例」により,次の事項について建築物環境配慮性能の表示が義務付けられています(第46条)。

  • 特定建築物の新築に係る工事の期間中,当該工事現場の見やすい場所に表示すること
  • 特定建築物の販売の広告(施行規則第27条に規定するもの)をするときは,当該公告に表示すること

また,特定建築主には上記に関する事項の届出を義務付けしています(第47条)。

 表示様式等の具体的な内容については,建築物環境配慮性能表示基準に定めています。

対象建築物

特定建築物 : 延べ面積2,000㎡以上の新築または増築(増築の場合は増築部分の面積)を行う建築物

表示内容

 建築主が計画段階での環境配慮の取組を自己評価したものについて,以下のように表示を行います。

 評価はCASBEE京都の評価結果(標準システム,独自システム)を基に行います。

表示様式

 表示内容は,CASBEE京都による環境配慮性能の評価結果のうち,以下の項目

  • 建築物の環境効率(ランク,BEE値) ←標準システム
  • 重点項目への取組度(5段階評価)  ←独自システム

表示様式支援ツールはこちら

表示

■表示の大きさ
 ・工事期間中の表示
  ⇒縦270mm×横 360mm以上
 ・販売広告等への表示(書面によるもの)
  ⇒縦 45mm×横  60mm以上

表示の義務対象

  • 工事期間中の表示:全ての特定建築物

    工事現場の見やすい場所に表示

  • 販売広告への表示:販売の広告のうち,以下のもの※

 ※表示の対象となる広告

  1. 新聞,雑誌などに掲載される広告(一定面積以下を除く※※)
  2. チラシ,ビラ,パンフレット,小冊子など(一定面積以下を除く※※)
  3. インターネットの利用による広告
  4. DVD,CDなどの電子的な方法によって行う広告

 ※※詳しくは施工規則第27条を御参照ください。

 建築物排出量削減計画書の任意提出を行った建築主の方も対象です(努力義務)。

提出書類

建築物環境配慮性能表示届(正副2部)  ※表示後,速やかに

  • 建築物環境配慮性能表示届(工事期間中の表示)(第8号様式の1)
  • 建築物環境配慮性能表示届(販売広告への表示)(第8号様式の2) ※広告等がある場合のみ
  • 委任状(特定建築主と届出者が異なる場合)
  • 上記の表示の内容を確認するために必要な書類(表示の写真,広告等)

    ⇒様式はこちら

表示の内容を確認するために必要な書類
 工事の現場

1 表示内容が分かる写真(近景)

2 表示場所の分かる写真(遠景)

3 表示位置を示した図面(仮設図等に表示場所を示したもの) 

 印刷物による広告

作成した広告物又はその複写

(表示の内容及び広告の建築物が評価対象と同一と判断できるもの)

電磁的記録による広告

広告の内容を印刷したもの

(表示の内容及び広告の建築物が評価対象と同一と判断できるもの)

建築物環境配慮性能表示変更届(正副2部)  ※変更後,速やかに

  • 建築物環境配慮性能表示変更届(工事期間中の表示)(第9号様式の1)
  • 建築物環境配慮性能表示変更届(販売広告への表示)(第9号様式の2) ※広告等がある場合のみ
  • 委任状(変更の手続に関するもの)
  • 上記の表示の内容を確認するために必要な書類(表示の写真,広告等)

    ⇒様式はこちら

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション