スマートフォン表示用の情報をスキップ

空き家に関する相談

ページ番号246828

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年7月16日

空き家に関する相談

(注)特段の記載がない限り,年末年始(12月29日~1月3日)は休みとなります。

 

(問)区役所・支所 地域力推進室

北区役所 電話 432-1208    南区役所 電話 681-3417

上京区役所 電話 441-5040    右京区役所 電話 861-1264

左京区役所 電話 702-1029    西京区役所 電話 381-7197

中京区役所 電話 812-2421    洛西支所 電話 332-9318

東山区役所 電話 561-9105    伏見区役所 電話 611-1144

山科区役所 電話 592-3088    深草支所 電話 642-3203

下京区役所 電話 371-7170    醍醐支所 電話 571-6135

【実施時間】 月~金曜(祝日除く) 午前8時30分~午後5時

【内容】 近所の空き家でお困りの方の相談

 

空き家の保全・活用

(問)まち再生 ・創造推進室 電話 222-3503

京都市では,「空家等対策の推進に関する特別措置法」及び「京都市空き家等の活用,適正管理等に関する条例」に基づき,総合的な空き家対策に取り組んでいます。

 

空き家の管理は所有者の責任です。

【内容】

管理されずに放置された空き家は老朽化が進み,防災・防犯・衛生・景観などに悪影響を及ぼします。また,管理不全が原因で周囲に損害を発生させた場合,所有者は損害賠償責任を負う可能性があります。さらに,空き家を危険なまま放置するなどにより,「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく特定空家等として勧告を受けた場合,当該空き家の敷地に係る特例が解除され,固定資産税等の税額が大幅に上昇する可能性があります。各種支援制度を利用し,予防や活用に努めましょう。

  • ご近所の空き家でお困りの場合は…

 当該空き家がある区の 区役所・支所(地域力推進室)(上記)までご相談ください。

  • おしかけ講座

地域の会合等に司法書士等の専門家と市職員がお伺いし,空き家の発生の予防につながる相続等に関する講座を開催します。

【申込み】要。「(問)まち再生 ・創造推進室 電話 222-3503」 まで

【料金】無料

  • 地域の空き家相談員

【内容】京都市が登録する地域の身近な「まちの不動産屋さん」が空き家に関する相談に応じます。

【申込み】不要。ホームページの相談員リストを確認し,直接訪問又はお電話ください。

【料金】無料

  • 空き家活用・流通支援専門家派遣制度

【内容】空き家を活用又は流通しようとする所有者の方を対象に,空き家の劣化状況の診断や活用・流通等に関する助言や提案等を行う専門家を派遣します。

【対象】空き家所有者又は管理者等

【対象空き家】市内にある一戸建て又は長屋建て住宅で空き家となっているもの。

【料金】無料

  • 空き家活用・流通支援等補助金

【内容】新生児に一年以上居住者等がいない空き家を,まちづくり活動の拠点などとして活用する場合に,改修工事や家財の撤去に要する費用の一部を助成します。

【補助額】工事費用の2/3かつ上限90万円

 

民泊通報・相談窓口

違法な「民泊」に関する通報・苦情や,適法に民泊を始めるための相談などを受け付けます。

(問)電話 223-0700/FAX 223-0701

   メール minpakusoudan@city.kyoto.lg.jp 

【日時】午前10時~午後5時(年中無休)(ただし,年末年始を除く)

 

フッターナビゲーション