スマートフォン表示用の情報をスキップ

障害福祉施策情報 - 住宅

ページ番号181045

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月8日

(1)市営住宅の優先選考

募集時期は年1回(9月),対象者等詳細はお問い合わせください。

【住宅の種別】

・特定目的住宅
 市営住宅公募時に障害のある方の優先選考枠を設けています。ただし単身で申し込むことはできません。

※一般選考の単身者向け住宅(年2回募集,6月・12月)については,平成24年12月から身体だけでなく,知的・精神に障害がある方も入居対象となっています。

・車椅子専用住宅
 車椅子利用者が利用しやすいように玄関,居間,浴室,トイレ等が特別に設計されています。

【問合せ先】 京都市住宅供給公社 TEL 223-2701 FAX 256-8060

【申請窓口】
・(身体・知的・精神障害のある方)区役所・支所保健福祉センター健康福祉部障害保健福祉課

・(一般選考・単身者向け)京都市住宅供給公社 TEL 223-2701 FAX 256-8060

【決定方法】 抽選

(2)京都市あんぜん住宅改善資金融資制度

 現在お住まいの住宅をリフォームされる際に,工事内容(バリアフリー,エコ,耐震改修等)に応じて,低利の融資をあっせんするものです。工事着手前にご相談下さい。
 融資内容,要件等はホームページをご覧いただくか,住宅政策課へお問い合わせください。

【問合
・住宅政策課  TEL 222-3666 FAX 222-3526
・ホームページ https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000099092.html
・取扱金融機関 京都銀行,関西アーバン銀行,京都信用金庫,京都中央信用金庫(いずれも京都市内の支店)

(3)いきいきハウジングリフォーム(京都市重度障害者住宅環境整備費助成事業)

 重度障害のある方が住み慣れた家での生活を暮らしやすく,また介護する方の負担を軽くするために住宅改造や移動設備設置を行う場合,専門チームが相談に応じるとともに,費用の一部を助成します。

【対象者】
・(住宅改造)身体障害者手帳1級・2級又は療育手帳Aの方
・(移動設備設置)四肢機能障害,両下肢機能障害又は片上下肢機能障害1級で移動が困難な方

【助成内容】
・(住宅改造)浴槽の埋め込み,便器の洋式化,各室間の床の段差解消等
・(移動設備設置)段差解消機,階段昇降機,天井走行型リフト等
 ※住宅の新築や申請以前に着手・完了しているもの等は対象になりません。

【助成額】
・リフォームに必要な額に助成率を乗じた額です。(ただし,限度額の範囲内。千円未満切捨)
・助成は,原則として1世帯につき1回に限ります。

助成額

世帯区分

助成率

限度額(住宅改造)

限度額(移動設備設置)

生活保護法による被保護世帯及び現年度分の市町村民税所得割非課税の世帯

4/4

50万円

65万円

現年度分の市町村民税所得割課税(235,000円未満)の世帯

3/4

40万円

50万円

※日常生活用具「居宅生活動作補助用具」及び介護保険による給付対象者については,それぞれの制度の給付限度額(20万円)を上記住宅改造助成額から控除します。
※4~6月までの申請は前年度分の市町村民税所得割額によります。
 例えば,平成29年4月1日から平成29年6月末日までの申請は平成28年度分の市町村民税所得割額で判断します。

【問合・申込
(公社)京都市身体障害者団体連合会 専用電話 822-0779
受付:月~金 午前9時30分~午後5時(祝日・年末年始を除く。)

※まず,電話で相談をお受けします。
※専門相談チームが自宅を訪問し,リフォームについてアドバイスを行います。

(4)分譲マンション共用部分バリアフリー改修助成事業

 分譲マンションの共用部分のバリアフリー改修工事を行う管理組合を対象に,費用の一部を助成します。

【助成内容】 助成額 対象工事費用の2分の1(上限100万円)

【問合 住宅政策課  TEL 222-3666 FAX 222-3526

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション