スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

救急事故を予防しよう-窒息編

ページ番号210881

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月21日


窒息とは

 窒息とは,何らかの異物により,呼吸時の空気の通り道が遮断される状態をいいます。高齢者や子供に多く発生しています。

「もち」,「ごはん」,「飴」,「パン」,「肉」,「刺身」などを食べたときに起こしやすいです。

窒息の予防


細かく刻み,よく噛んで食べましょう。

窒息の応急手当

1 まずは咳を促しましょう。

2 次に背中をたたいて詰まったものを出してあげましょう(背部叩打法)。

3 意識がなければ,心肺蘇生法を実施しましょう。

4 迷ったらすぐに119番通報し,救急車を呼びましょう。



お問い合わせ先

京都市 消防局警防部救急課

電話:075-212-6705

ファックス:075-212-6748