スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

南消防団

ページ番号175955

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月18日

団本部(本団)紹介

 南消防団は,昭和30年9月,下京区からの分区に伴い,団長以下10分団,236名でスタートし,平成30年4月1日現在,12分団と機甲分団,応急救護分団,269名の陣容となっています。

 平成26年4月からは,山中 章弘団長が第7代南消防団長に就任し,日々の消防団活動に取り組んでいます。

所在地

 南区西九条菅田町4-1 南消防署内
  • 山中団長
  • 西尾副団長
  • 清水副団長
  • 片山副団長
  • 岡本副団長

管轄区域の紹介



 南消防団が管轄する南区は,京都市の南西部に位置し,おおむね東は鴨川で東山区と伏見区に,西は西京区・向日市に,北はJR東海道線で下京区と右京区に,そして南は伏見区と接している,面積15.78平方キロメートルの区域です。
 ほぼ高低差のない京都盆地上にあり,平安時代から「都の玄関口」として淀川の水運と都を結ぶ陸路の要衝となったほか,立地を生かした製造業や運輸業が盛んです。
 また,豊かな水に恵まれた近郊農業も発達しており,現在も良質な京野菜の供給地として知られています。

消防分団一覧

 

分 団 名

分団長名

所    在    地

山王分団

九十九 壽雄

南区東九条東山王町12

陶化分団

丸山 汎

南区東九条中御霊町55 元陶化小学校

東和分団

藤原 良治

南区東九条烏丸町19 元東和小学校(凌風学園第2校舎)

弘道分団

中山 正夫

南区西九条春日町13 弘道小学校

九条分団

原田 邦保

南区西九条南小路町1 九条中学校

塔南分団

下郷 吉昭

南区西九条御幸田町12 九条塔南小学校

南大内分団

速水 秀和

南区八条内田町2 南大内小学校

南梅逕分団

松居 常雄

南区八条町509 六孫王神社

唐橋分団

河原  昭雄

南区唐橋平垣町56

上鳥羽分団

石原 廣一

南区上鳥羽城ケ前町23B

吉祥院分団

森田 茂実

南区吉祥院船戸町36 吉祥院小学校

久世分団

曾我 和義

南区久世大薮町62 大薮小学校

応急救護分団

橘 忠二

南区西九条菅田町4-1 京都市南消防署内

機甲分団

大﨑 康弘

南区吉祥院観音堂南町1番1 株式会社日本サルベージサービス

活動紹介

平成30年度南消防団現地訓練(水災対応能力向上訓練)を実施しました(平成30年9月9日)


 南消防団では,今年度,区内の浸水想定が見直されたことを受け,平成30年度の訓練計画の根幹として「南消防団水災活動能力向上計画」を掲げています。

 これは,まず京都市消防局が実施する消防団教育「警防教育水災課程」を,今年7月に各分団から数名受講し,その分団員が講師となって南消防団に教養や訓練指導を実施。それを受けた分団員が,今度は自らの分団内で水災対応訓練を計画し,教育を実施していきます。そうやってピラミッド構造のように教育を波及させていくことを第一の主眼としています。

 この方法により,全分団員に知識と技術の教養が行き届くばかりか,講師となった分団員の知識及び技術の深化も期待でき,実災害時に大いに活躍できる人材育成にもつながります。

 くしくも平成30年は,6月の大阪府北部地震に始まり,7月の西日本豪雨災害,度重なる台風の直撃と,自然災害の脅威を肌で感じることが多く,今回の訓練を受講した12分団80名の分団員も我が身の事として,真剣な表情で知識教育に耳を傾け,雨の中の実訓練で汗をかいていました。


平成30年夏の文化財防火運動 女性消防団員防火安全指導隊「女組(めぐみ)」が広報しました(平成30年7月12日)


 平成30年夏の文化財防火運動の初日となった7月12日,教王護国寺(東寺)境内で,南消防署員と南消防団女性消防団員防火安全指導隊「女組(めぐみ)」のメンバーが,合同で街頭防火広報を実施しました。
 京都らしく夏の暑さが厳しい1日となりましたが,蓮の花が咲き誇る中,東寺を訪れる皆さんに,文化財の大切さと防火防災への備えを訴えました。

平成30年度京都市消防団総合査閲 吉祥院分団が出場(平成30年6月3日)

平成30年度京都市消防団総合査閲のページにリンクしています

 平成30年6月3日(日曜日)に,南区の京都市消防活動総合センターの屋外訓練場において,平成30年度京都市消防団総合査閲が実施され,南消防団12分団を代表して吉祥院分団が出場し,森田分団長以下21名の団員が,日頃の訓練成果を発揮しました。
 京都市消防団査閲では,各行政区を代表する11分団が一堂に会し,基本点検と行進訓練,小型動力ポンプ操法による実放水訓練を実施します。

 地域の多くの皆様が応援に掛け付けていただくなか,地域を守る熱い思いを査閲にぶつけ,分団員が一丸となって挑みました。

 当日の様子は写真をクリックしてください。

平成30年度南消防団総合査閲(平成30年5月20日)

平成30年度南消防団総合査閲のページにリンクしています

 南消防団では,平成30年5月20日(日曜日),京都市消防活動総合センター屋外訓練場において,平成30年度南消防団総合査閲を実施しました。
 消防団総合査閲は消防団員として必要な規律や礼式,小型動力ポンプを使用した消防訓練等を披露することにより,消防団の災害対応力をより一層向上させ,消防力の強化を目指すため毎年実施しています。
 南消防団では,昨年度から全分団が実放水訓練を実施し,より実践的な消防訓練を行っています。
 心配していた天候も一転して快晴となった暑い一日でしたが,それ以上に分団員の気迫のこもった熱い訓練が展開され,熱気あふれる会場となりました。

当日の様子は写真をクリックしてください。

南消防団辞令交付式

南消防団辞令交付式のページにリンクしています

平成30年4月4日(水曜日)に南消防団辞令交付式を実施しました。
 南消防団では,辞令交付式を半期毎に実施しています。

 今回の式では,平成30年4月1日をもって新たに南梅逕分団分団長となった松居常雄分団長に対する辞令と,平成29年11月1日から平成30年4月1日付で入団した16名のうち,公私ともに多忙な中,当日出席していただいた12名に対する辞令が,南消防団長から交付されました。

 新分団長となった重責を感じながら辞令を授受した松居分団長をはじめ,緊張した面もちで臨んだ新入団員の11名は,団長から,南区のため,地域のため,ともに手を取り防火・防災活動に精進して欲しいとの訓示を受け,更に気を引き締め,決意を新たにしていました。

当日の様子は写真をクリックしてください

南・右京・西京の3団消防団が大火災を想定した合同訓練を実施しました。(平成30年1月28日)


 南,右京,西京消防団合同訓練を京都市消防活動総合センターで実施しました。
 3団約60名が参加した今回の訓練は,直下型の震度6強から7の地震が発生し,大規模な火災が発生したとの想定で実放水訓練を実施しました。
 街区防御を主眼とした放水活動を3団で連携して行うなど,実現場に即した訓練で,参加団員一同,大規模火災への対応技術を確認しました。
 
 当日の様子は写真をクリックしてください。

平成30年京都市消防出初式に参加(平成30年1月7日)


 平成30年の新年を飾る「平成30年京都市消防出初式」に参加しました。
 山中団長指揮の下,旗手,木下団員を先頭に,会場の平安神宮前の二条通りを,一年間の無火災を祈願し行進しました。
 張りつめる空気の中,南消防団も士気高く行進し,見学に来られた多くの皆さんに,雄姿を御披露できたものと思います。
 南消防団は本年も,無火災と,そして区民の皆さんが安心してくらせるまちを目指して,南消防署と連携して取り組んでまいります。 

消防団防災ハイスクールin洛南高校(平成29年12月13日)


 洛南高校において,消防団活動への理解を深める「防災ハイスクール」を実施し,消防団の活動,やりがい,地域を守る熱い思いを伝えました。
 参加した生徒からは,「消防団の皆さんはとても気さくで,身近に感じました。私もやってみたいと思いました。」と感想をもらいました。
 バケツリレーでは,チーム対抗で競争とあって,大変盛りあがり,楽しみながら防災学習ができました。
 今回のような地域での防災指導や火災予防活動など,消防団の活動に生徒は関心を持って聞いてくれたと思います。
 生徒の皆さん,是非消防団で一緒に活動しましよう!
 当日の様子は写真をクリックしてください。

京都市消防団フェスタに参加!(平成29年11月26日)


今年で4回目を迎えた京都市消防団フェスタに参加しました。
 ブースの出店では,バルーンアートとマツボックリのクリスマスツリーを作成し,また,ステージでは「南消防団バンド」が会場を盛り上げました。
 この日は,多くの方に来場いただき,多くの方の笑顔に囲まれ,楽しく活動を行うことができました。
 フェスタを通して,消防団活動への御理解をいただき,また,親しみを感じていただければと思います。
 そして,是非,一緒に消防団員として活動いただけるようお願いします!
 当日の様子は写真をクリックしてください。

消防団防災ハイスクールin鳥羽高校(平成29年11月9日)


 秋の火災予防運動初日に,鳥羽高校において,消防団活動への理解を深める「防災ハイスクール」を実施し,消防団の活動,やりがい,地域を守る熱い思いを伝えました。
 参加した生徒からは,「地域を自分たちで守ろうと,火災予防や,災害現場での警戒活動など,様々な活動をされているのがよく分かった。」という感想をもらいました。
 また,消防団の防火服を着装しての放水訓練体験では,「貴重な体験ができました」と笑顔で答えてくれました。
 参加した分団員は,若い生徒のハツラツとした姿に元気をもらい,明日からの分団活動の励みとなりました。
 生徒の皆さん,是非消防団に入ってくださいね。
 当日の様子は写真をクリックしてください。

南消防団 女組(めぐみ)出動!東南フェスタ(平成29年10月14日)


京都テルサで実施された「東南フェスタ2017」(京都中小企業家同友会・東南地域会主催)に南消防団 女組(めぐみ)が参加しました。
 29年6月に南消防団に在籍する女性団員が一堂に会して発足した「南消防団 女組(めぐみ)」はこの日が活動のスタート。多くの来場者の中,ステージに上がって応急手当の啓発活動を行いました。
大地震が発生した想定で,家庭にある身近なものを使ってできる応急手当を熱演し,会場からは,「スーパーの買い物袋であんなことに役立つのか,いいね」と声も聞こえ,大きな拍手をいただきました。
 これからも「女組(めぐみ)」は,地域の防火防災のため様々な場面で頑張っていきたいと思います。

                                                                                    当日の様子は写真をクリックしてください。

新入団員辞令交付式(平成29年10月3日)


 平成29年10月3日(火曜日)に南消防団新入団員辞令交付式を実施しました。
 南消防団では辞令交付式を半期毎に実施しており,今回の式では5月1日から10月1日付で入団した6名に対し南消防団長から辞令が交付されました。
 水災や地震など大規模災害が多く発生する中,消防団員への期待は高まっている,地域防災に貢献できるようしっかり頑張るよう訓示があり,新入団員は,気を引き締めていました。

 当日の様子は写真をクリックしてください。

平成29年度京都市消防団総合査閲 南梅逕分団が出場(平成29年5月28日)


 平成29年5月28日(日曜日)に,南区の京都市消防活動総合センターの屋外訓練場において,平成29年度京都市消防団総合査閲が実施され,南消防団12分団を代表して南梅逕分団が出場し,荒川分団長以下13名の団員が,日頃の訓練成果を発揮しました。
 地域の多くの皆様が応援に駆け付けていただくなか,地域を守る熱い思いを査閲にぶつけ,分団が一丸となって挑みました。
 青い空と緑の会場に思いの詰まった分団旗がたなびいていました。

 当日の様子は写真をクリックしてください。

平成29年度南消防団総合査閲(平成29年5月21日)


 南消防団では,平成29年5月21日(日曜日),京都市消防活動総合センター屋外訓練場において,平成29年度南消防団総合査閲を実施しました。
 消防団総合査閲は消防団員として必要な規律や礼式,小型動力ポンプを使用した消防訓練等を披露することにより,消防団の災害対応力をより一層向上させ,消防力の強化を目指すため毎年実施しています。
 今年度からは,全分団が実放水訓練を実施するなど,より実践的な訓練となりました。
 真夏日を記録した暑い一日でしたが,それ以上に分団員の気迫のこもった熱い訓練が展開され,熱気あふれる会場となりました。

 当日の様子は画像をクリックしてください。

3団合同放水訓練(平成29年1月29日)


 平成29年1月29日(日曜日)右京,南,西京の3団合同による放水訓練を実施しました。
 隣接する3団が,大地震による火災を想定で放水訓練を実施したもので,このような合同訓練は初めての試みでした。
 各団とも,区をまたがるような大火災など,連携の必要性を確認するとともに,訓練終了後に実施した意見交換会で,活発な意見と地域を守る熱い意見が交わされました。

  当日の様子は写真をクリックしてください

消防団防災ハイスクール(平成28年10月19日)


 平成28年10月19日(水曜日)に消防団の理解を深める「消防団防災ハイスクール」を府立鳥羽高校で実施しました。
 3年生の2クラス81名が参加。南消防団岡本副団長以下9名が,消防団員としてのやりがい,地域を守る熱い思い等を語りました。
 参加した生徒は,「地域を自分たちで守ろうとされている思いや,地域と密着した活動をされているのがよく分かった。自分も社会に出たら入ろうと思います。」と力強く答えてくれました。
     当日の様子は写真をクリックしてください。

南消防団活動技術向上訓練を実施(平成28年9月24日)


 平成28年9月25日(日曜日)京都市消防学校において,南消防団活動技術向上訓練を実施しました。
 団長以下120名の団員が集結し,大規模地震に備えた長距離放水訓練,大規模水害に備えた土のうによる水防工法訓練,水災害対応訓練施設を活用した,浸水したドアの開放及び時間雨量100㎜の降雨を体験しました。
 団員個々の技術向上はもとより,分団相互の連携を図る有意義な訓練となりました。

 当日の様子は画像をクイックしてください。

平成28年度京都市消防団総合査閲 陶化分団が出場(平成28年5月29日)


 平成28年5月29日(日曜日)に,南区の京都市消防活動総合センターの屋外訓練場において,平成28年度京都市消防団総合査閲が実施され,南消防団12分団を代表して陶化分団が出場し,丸山分団長以下15名の団員が,日頃の訓練成果を発揮しました。
 当日は時折小雨が降る天気でしたが,分団員の訓練に掛ける熱い気持ちで,会場は熱気に満ちていました。

 当日の様子は写真をクリックしてください。

平成28年度南消防団総合査閲(平成28年5月22日)


 南消防団では,平成28年5月22日(日曜日),唐橋小学校グラウンドにおいて,平成28年度南消防団総合査閲を実施しました。
 消防団総合査閲は消防団員として必要な規律や礼式,小型動力ポンプを使用した消防訓練等を披露することにより,消防団の災害対応力をより一層向上させ,消防力の強化を目指すため毎年実施されています。 
 雲一つない快晴の中,南消防団各分団が日頃の訓練成果を遺憾なく発揮し天気と同様に団員も清々しい一日となりました。

 当日の様子は画像をクイックしてください。

お問い合わせ先

京都市 消防局南消防署

電話:075-681-0711

ファックス:075-671-1999