スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

世界文化自由都市宣言 ~京都で交流し文化を創造する人たち~【創造編】

ページ番号252933

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月3日

世界文化自由都市宣言 ~京都で交流し文化を創造する人たち~

矢島里佳


株式会社和える代表取締役の矢島里佳さん。

矢島さんは,「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから,大学4年生時の2011年3月に,株式会社和えるを創業。

 翌年“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げ,オンラインから始まり,2014年には東京直営店「aeru meguro」を,2015年には,京都直営店「aeru gojo』をオープンしました。

「伝統の職人の技や先人の智慧」と「今を生きる私たちの感性や感覚」を和えて,新しい日本の伝統を次世代につなげようとしています。

そんな矢島さんの映像はこちら外部サイトへリンクします



「私のように日本の伝統を全く知らずに育つ子どもたちが増えている。どうすれば赤ちゃんや子どもに日本の伝統を伝えられるのかと考えたときに,言葉だけでは伝わらないので,“もの”を通して五感で伝えようと考えた。」と語る矢島さん。

“0から6歳の伝統ブランドaeru”は,小売業としてではなく,赤ちゃんや子どもに日本の伝統を伝える「ジャーナリズム」と捉えて取り組んでいます。

「今年,念願の京都に移住しました。文化が集積している京都。京都の方々の生き方,暮らし方,働き方は,これからの日本が文化と経済の両輪で育むうえで ポイントになっていくと考えている。経済的な豊かさだけでなく,次に日本が目指すべき暮らしのヒントが,京都にあると考えている。」

京都から新たな文化を創造し,次世代につなげようとされる強い想いをうかがいました。

◆株式会社和える https://a-eru.co.jp外部サイトへリンクします


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション