スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

世界文化自由都市宣言 ~京都で交流し文化を創造する人たち~【自然編】

ページ番号252924

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月3日

世界文化自由都市宣言 ~京都で交流し文化を創造する人たち~

奥出一順



京都市の最北端 久多(くた)で,「農家民宿おくで」を営む奥出一順さん。

奥出さんは,知り合いの紹介で訪れた久多の自然に魅了され,2003年から本格的に移住。

2015年に,「農家民宿おくで」を開業(京都市内初の農家民宿)。

 築250年の古民家に宿泊しながら,田植えや稲刈り,そば打ち,まき割りなど,古くからの農家の暮らしを体験できます。

2017年には,特区制度を活用して,どぶろく「久多日和」の製造(京都市内初)を開始するなど,自然と調和した取組を進めています。

そんな奥出さんの映像はこちら外部サイトへリンクします



「農家民宿おくで」には,海外からも大勢のお客さんが訪れます。

はるばるバルセロナからお越しのご一家にも協力いただき,まき割りや巻き寿司づくり,そば打ちなどの様子を撮影しました。

自然の中での暮らしについて奥出さんは「自然に生かされ生活すること。それこそが地に足のついた暮らし。不便だからこそ,汗をかき,知恵を絞り,助け合う。豊かな自然の中で『いただきます』の本質を伝えたいんです。」と語ります。

また,「不便な田舎暮らしの中で人生を生き抜く力をつけて欲しい」との思いで通信制の高校生などを対象とした「いなか塾」を開校するなど,外国人以外の方を対象とした取組も進められています。

「豊かな自然の中での体験で,今まで当たり前すぎて気づかなかった感謝の気持ちや前向きに生きる気持ちを持って一人の若者が自信を取り戻せる後押しができれば」と語る奥出さん。

京都市の最北端 久多(くた)には,自然と共に生きることを感じるために世界中から人が集います。

■農家民宿おくで http://site-829659-1084-9331.strikingly.com/外部サイトへリンクします



このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション