スマートフォン表示用の情報をスキップ

憲章素案に対する市民意見の募集結果(概要)

ページ番号5211

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年9月15日

憲章バナーのダウンロードページにリンク

「子どもを共に育む京都市民憲章」トップページへのリンクにご協力ください。

 

募集期間 平成18年11月10日~12月8日
応募者数 196名
(郵送,FAX,電子メール又は意見交流会・シンポジウム会場等で提出)
  

1.「名称」について(126件)

 

(1)名称案を了解 30件

(2)子どもの「ための」の表現に違和感 22件

(3)堅苦しいので柔らかく 23件

(4)名称の代案 40件  「子育て憲章」「子どもを育む憲章」  「子ども見守り憲章」「子ども憲章」等

(5)サブタイトルの提案 10件

(6)その他 1件

 

《ご意見のポイント》
・ 京都で子どもを育む市民の憲章であることが分かる名称がよい。

 

2.「前文」について(150件)

 

(1)前文案を了解 31件

(2)簡潔に分かりやすく 20件

(3)具体的行動を示し浸透するように 11件

(4)京都らしさを示す 7件

(5)段落ごとに見出しをつける 2件

(6)追加・修正内容 24件

(7)個々の段落についての意見 55件

 

《ご意見のポイント》
2段落目・・・「風格ある社会」の意味が分かりにくい。命や存在の大切さ,世代のつながり,子育ては親も大人も楽しいことを盛り込む。

3段落目・・・「毅然とした態度」を何に対して示すのかが分かりにくい。子どもを見守り,褒め,子どもと共に成長する姿勢が大切。

4段落目・・・行政(京都市)の使命・関与も必要。「子どもたちとわたくしたちの今と未来のため」の「わたくしたち」はあえて言う必要はない。

 

3.「行動理念」について(197件)

 

(1)行動理念案を了解 18件

(2)項目数を絞る 25件

(3)文を短く分りやすく 21件

(4)具体的な行動と表現を 18件

(5)追加・修正内容 22件

(6)主語について(京都市民に限定するか等) 8件

(7)表現・広報等(標語,漫画にする等) 6件

(8)個々の項目についての意見 79件

 

《ご意見のポイント》
・ 5の「生活習慣の確立」は家庭生活で行うべきもの。
・ 6の「成長するための行動」の表現が分かりにくい。
・ 7では「輪」よりも,だれもが話し合える地域づくりとしての「和」が大切。
・ 8の「社会をめざして行動」の表現が分かりにくい。
・ 9の「何よりも」の表現は必要か。

 

4.「憲章素案」全体について(100件)

 

(1)憲章素案を了解 33件 

(2)文を簡潔に分かりやすく 16件 

(3)具体的な行動の必要性 21件 

(4)京都らしさを示す 5件  

(5)追加・修正内容 25件

 

5.広報・アピールの必要性(14件)

6.その他の感想(68件)

 

多数のご応募,ありがとうございました。

 

子どもを共に育む京都市民憲章トップへ戻る

お問い合わせ先

子ども若者はぐくみ局 はぐくみ創造推進室
 電話: 075-251-0457 ファックス: 075-251-1616

フッターナビゲーション