スマートフォン表示用の情報をスキップ

先斗町まちづくり協議会

ページ番号281612

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月15日

 中京区先斗町では,地域の景観を保全・創出するため,地域住民が主体となって景観づくりに取り組まれる組織を「地域景観づくり協議会」として京都市が認定する制度において,「先斗町まちづくり協議会」を認定しています。

 先斗町まちづくり協議会では,活動区域における景観の保全及び創出のための方針を「地域景観づくり計画書」としてまとめ,平成24年6月1日付けで京都市の認定を受けているため,景観に関する手続の前に先斗町まちづくり協議会との意見交換が必要となります。

 地域景観づくり協議会制度については,こちらをご覧ください。

活動区域

 京都市中京区橋下町,若松町,梅之木町,松本町,柏屋町,材木町,下樵木町,鍋屋町,石屋町の一部
先斗町まちづくり協議会の活動区域図

先斗町まちづくり協議会の活動区域図

地域景観づくり計画書

 協議会の活動区域における景観の保全及び創出のための方針を「地域景観づくり計画書」としてまとめ,平成24年6月1日付けで京都市の認定を受けています。

 先斗町まちづくり協議会の活動区域内で建築行為等を考えておられる方は,意見交換の前にご覧いただき,建築計画等に活かしてください。

手続と意見交換の流れ

先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」

本市では,まとまりある町並み景観を示している先斗町地域を保全・再生するため,平成27年4月1日から,先斗町地域を「界わい景観整備地区」に指定し,地域特性に応じたきめ細かなデザイン規制を実施しており,デザイン基準を分かりやすくまとめた「先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」」を先斗町まちづくり協議会と協働で作成し,発行しております。くわしくはこちら

先斗町景観ガイドライン

令和2年からは,先斗町通の無電柱化事業を契機として,先斗町地区にふさわしい広告景観を創出することを目的として,先斗町地区を屋外広告物特別規制地区として指定しました。それを機に,「先斗町デザイン集」の内容をより使いやすく再構成した「建物編」と,屋外広告物等の許可基準等を定めた「屋外広告物等景観整備計画」の内容をより分かりやすく示した「広告物編」それぞれのガイドラインを先斗町まちづくり協議会と協働で作成し,発行しております。

先斗町 景観ガイドライン

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-213-0461

フッターナビゲーション