スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

年末防火運動中の取組~山科消防署

ページ番号176833

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年5月23日

年末防火運動中の取組~山科消防署

 山科消防署では,12月15日(月曜日)から31日(水曜日)までの年末防火運動期間中に様々な取組を実施しました。

庁舎壁面に防火メッセージを投影

 12月15日(月曜日)から同月26日(金曜日)までの平日に,毎日午後5時から6時30分までの間,庁舎壁面に防火メッセージを投影して区民の皆様に防火を呼び掛けました。

 この取組は署内の若手署員で構成したプロジェクトチームが発案したものです。しかし,壁面に防火メッセージを投影するというアイデアは良かったのですが,実現にこぎつけるまでには様々な困難があり,いざ実際に投影してみると,プロジェクターを設置する場所や角度の制約により,なかなかうまく写りません。試行錯誤を繰り返して苦労を重ねたことにより,反転画像を鏡に反射させて投影するというアイデアでうまく写せるようになりました。

 この壁面投影を見た子ども達は,防火のメッセージを繰り返し唱えて歩いて行きました。お買いもの帰りの奥様達は「気いつけなあかんな」と口々に話されていました。授業や部活を終えて家路につく女学生達は「なにこれ,ちょっといけてるやん!」などと会話を弾ませながら帰っていきました。

壁面に投影した様子

壁面に投影した様子
壁面に投影した様子

投影した防火メッセージの一例

投影したメッセージの一例
投影したメッセージの一例
投影したメッセージの一例
投影したメッセージの一例

広島東洋カープ「倉 義和」選手 一日消防署長

 12月20日(土曜日)に,山科区出身で広島東洋カープで活躍されている「倉 義和」選手を一日消防署長に迎え,一般家庭を訪問しての出火防止の呼び掛けや,区内の事業所における合同消防訓練及び街頭広報を実施しました。

署員の点検を実施

署員を点検
署員を点検
署員を点検

事業所での合同消防訓練

合同消防訓練
合同消防訓練
合同消防訓練
合同消防訓練

ファンの皆様と

ファンの皆様と
ファンの皆様と

訪問防火指導

訪問防火指導

署員とのトークタイム

 署員と一問一答形式で話をするトークタイムでは,野球人生と消防人生の類似点を挙げて,署員が「なるほど」とうなずくようなヒントもいただき,今後の参考になるひと時でした。
署員とのトークタイム
署員とのトークタイム

お問い合わせ先

京都市 消防局山科消防署

電話:075-592-9755

ファックス:075-591-1999