スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

がん対策(がん検診)

ページ番号135788

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年6月30日

新型コロナウイルス感染症拡大を受けた検診の実施状況について

がん検診を再開します

がん検診事業については,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,全ての検診について休止しておりましたが,以下のとおり再開します。

(1)胃がん検診(バリウム検査)胸部(結核・肺がん)検診(各区役所・支所で実施するもの)乳がん検診(エコー(超音波)検査,マンモグラフィ(乳房エックス線)検査)日曜がんセット検診

→令和2年7月1日から実施を再開します。

 

(2)胃がん検診(胃カメラ検査),胃がんリスク層別化検診,大腸がん検診(指定医療機関で実施するもの),前立腺がん検診,子宮頸がん検診

→申込受付を再開していますが,各指定医療機関の状況により,検診の実施を休止している場合がありますので,検診の実施状況については,各指定医療機関へお問合せください。

 

(3)大腸がん検診(各区役所・支所で実施するもの)

→令和2年6月1日から実施を再開します。

注意点

 各保健福祉センターにおいて実施する胃がん検診,胸部(結核・肺がん)検診,大腸がん検診については,新型コロナウイルス感染症予防の観点から,検診日当日は以下の項目のいずれかひとつに該当される方,マスクを着用されない方につきましては,受診をお断りします。

 また,検診窓口につきましても,同様に以下の項目について聞き取りを行いますので,ご協力をお願いします。

 なお,当日の検診においては,職員は受診者に安心して検診を受けていただくために,感染予防対策(フェイスシールド(胃がん検診のみ),マスクの着用,手洗い,消毒の徹底等)を講じさせていただいたうえで対応しますので,予めご了承ください。

以下の項目に該当される方,マスクを着用されない方は受診をお断りします

□ いわゆる風邪症状が持続している方

□ 発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方

□ 過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)のあった方

□ 2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)

□ 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方

□ 新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方 

※今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては,検診を中止する場合があります。

中止する検診について

集団健診会場で実施する胸部(結核・肺がん)検診及び大腸がん検診については,令和2年度の全日程を中止します。

京都市が実施するがん検診について


京都市がん検診指定医療機関一覧及び各種がん検診申込書について

京都市がん検診の詳細について

京都市がん検診の詳細について
胃がん検診          胃がんリスク層別化検診        肺がん検診           
大腸がん検診 前立腺がん検診 子宮頸がん検診 
乳がん検診 日曜がんセット検診 がんセット検診 

受診料金の免除制度について

 下表「対象者」に該当される方は,受診時に「必要書類」を提示又は提出することにより,受診料金が無料になります(ただし,(6)の場合,前立腺がん検診の受診料金は800円となります。)。

 (7)以外は検診当日にお忘れになると免除を受けられず,また,お支払いになった受診料金は返金できませんのでご注意ください。 (1)~(3)の必要書類は提示のみ,(4)~(7)の必要書類は原本の提出が必要となります。

受診料金の免除制度について
対象者必要書類
(1) 受診日時点で70歳以上の方

【提示】生年月日を確認できる書類

(運転免許証,保険証等) 

(2) 福祉医療費を受給されている方
 (老人医療,ひとり親家庭等医療,重度心身障害者医療)

【提示】受給者証

(3) 後期高齢者医療に加入されている方

【提示】被保険者証

(4) 生活保護を受給されている方

【提出】生活保護受給証明書

(担当の区役所・支所生活福祉課で無料で発行)

(5) 中国残留邦人等支援法に基づく支援給付を受給されている方

【提出】支援給付受給証明書

(担当の区役所・支所生活福祉課で無料で発行)

(6) 当該年度分(4~5月は前年度分)の市民税が非課税の世帯に属する方

【提出】料金減額・免除証明書

(各区役所・支所健康長寿推進課で無料で発行)

注:本人を含む世帯全員の「市・府民税課税証明書」(各区役所・支所市民窓口課で有料で発行)の提出でも可能

注:証明書の発行には,申請者ご本人を証明する書類(運転免許証,保険証等)が必要

(7)令和2年度子宮頸がん検診又は乳がん検診無料クーポン券をお持ちの方

【提出】令和2年度子宮頸がん検診又は乳がん検診無料クーポン券

注:該当の検診のみ無料となります。

がん検診ガイドについて

  • 令和2年度がん検診ガイド表
  • 令和2年度がん検診ガイド裏
京都市が実施するがん検診を市民の皆様に御案内するために,「がん検診ガイド」を作成し,各区役所・支所保健福祉センター健康長寿推進課や京都市役所の案内所において配布していますので,ぜひ,御一読ください。

がんを防ぐための新12か条

 がんを引き起こす要因には,加齢や遺伝的な素因など,防ぎようのないものもありますが,毎日の食生活や喫煙習慣などの改善により,ある程度はこれを防ぐことができます。科学的根拠に基づいてつくられた「がんを防ぐための12ヵ条」を積極的に実行すれば,がんの約60%(禁煙で30%,食生活の工夫で30%)が防げるだろうと言われています。
 まずはがんにかからないために日々の生活習慣を見直すことが大切です。この12ヵ条をもとにできることからはじめましょう。

がんを防ぐための新12か条 ~がん研究振興財団~
第1条 たばこは吸わない 第2条 他人のたばこの煙をできるだけ避ける 第3条 お酒はほどほどに 第4条 バランスのとれた食生活を 
第5条 塩辛い食品は控えめに第6条 野菜や果物は不足にならないように第7条 適度に運動第8条 適切な体重維持
第9条 ウイルスや細菌の感染予防と治療第10条 定期的ながん検診を第11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を第12条 正しいがん情報でがんを知ることから

がんとつき合う~その人らしく過ごすために~

 がんと診断された後,質の高い医療を受けながら,その人らしく毎日を過ごすことができることは誰もが望むことです。最新の治療法や,がん診療に関する医療機関情報などを以下の項目からリンクできます。

○ 京都府がん総合相談支援センター外部サイトへリンクします
  → がん患者さんやご家族をとりまく様々な問題に対応する京都府の設置する相談窓口です。

○ 国立がん研究センターがん情報サービス外部サイトへリンクします

 ・ 診断・治療方法外部サイトへリンクします

 ・ 生活・療養外部サイトへリンクします

 ・ がん診療連携拠点病院一覧外部サイトへリンクします

○ 公益財団法人がん研究振興財団外部サイトへリンクします

 ・ 各種発刊物(PDF版)外部サイトへリンクします

○ 京都市立病院外部サイトへリンクします

 ・ 緩和ケア外来外部サイトへリンクします

ピロリ菌除菌治療の助成制度について

 京都府では,健康診断、人間ドック、市町村検診等でのピロリ菌検査・ABC検査でピロリ菌感染やその疑いがあると判明した方が行う保険適用の一次除菌治療に要する経費の一部を助成する事業を実施しています。こちら外部サイトへリンクしますをご覧ください。

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 健康長寿企画課
電話: 075-222-3419 ファックス: 075-222-3416

フッターナビゲーション