スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市胃がん検診

ページ番号116998

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月14日

新型コロナウイルス感染症拡大を受けた検診の実施状況について

・胃がん検診(バリウム検査)については,令和2年7月1日から実施の再開を予定していますので,お申込みください。

・胃がん検診(胃カメラ検査)については,申込受付を再開していますが,各指定医療機関の状況により,検診の実施を休止している場合がありますので,検診の実施状況については,各指定医療機関へお問合せください。

注意点

 各保健福祉センターにおいて実施する胃がん検診については,新型コロナウイルス感染症予防の観点から,検診日当日は以下の項目のいずれかひとつに該当される方,マスクを着用されない方につきましては,受診をお断りします。

 また,検診窓口につきましても,同様に以下の項目について聞き取りを行いますので,ご協力をお願いします。

 なお,当日の検診においては,職員は受診者に安心して検診を受けていただくために,感染予防対策(フェイスシールド,マスクの着用,手洗い,消毒の徹底等)を講じさせていただいたうえで対応しますので,予めご了承ください。

以下の項目に該当される方,マスクを着用されない方は受診をお断りします

□ いわゆる風邪症状が持続している方

□ 発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方

□ 過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)のあった方

□ 2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)

□ 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方

□ 新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方 

※今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては,検診を中止する場合があります。

50歳以上の市民の方を対象に,胃がん検診を実施しています。

2年に1回受診いただけます。

胃内視鏡(胃カメラ)検査(受診料金3,000円),又は胃部エックス線(バリウム)検査(受診料金1,000円)のどちらか一方を選んでいただきます(両方受けることはできません。)。

1,胃内視鏡(胃カメラ)検査の詳細については,こちらをご覧ください↓

胃内視鏡(胃カメラ)検査について(胃内視鏡(胃カメラ)検査の詳細)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

胃内視鏡(胃カメラ)検査を実施している医療機関(指定医療機関)については,こちらをご覧ください。

2,胃部エックス線(バリウム)検査の詳細及び胃がん巡回検診申込書については,こちらをご覧ください↓

胃部エックス線(バリウム)検査について(胃部エックス線検査の詳細・胃がん巡回検診申込書)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

胃部エックス線(バリウム)検査による胃がん検診については,回覧チラシによるご案内もしています。

(1) 保健福祉センター内で実施する胃がん検診については,こちらをご覧ください↓

(2)各区役所,支所等で実施する胃がん検診(胃がん巡回検診)については,こちらをご覧ください↓

回覧チラシ(胃がん巡回検診(現在,お申込みを受け付けている分))

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

受診料金が免除される制度があります。

くわしくはこちら(ページ中段)をご覧ください。

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 健康長寿企画課
電話: 075-222-3419 ファックス: 075-222-3416

フッターナビゲーション