スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

松ケ崎浄水場のあらまし

ページ番号104055

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年5月21日

 松ケ崎浄水場は,昭和2年(1927年)6月に京都市で2番目の浄水場として完成しました。
 完成当初は,緩速ろ過方式の浄水場でしたが,施設の老朽化や琵琶湖の水質悪化による処理能力低下のため,昭和44年度(1969年度)から56年度(1981年度)にかけて,急速ろ過方式及び集中管理方式への拡張・改良工事を行い,現在の施設能力173,000立方メートル/日の近代的な浄水場として生まれ変わりました。
 給水区域は市内北部を受け持っており,最高区配水池がある山の斜面には,五山の送り火で有名な『妙法』の『妙』の火床があります。

 


  • 京都市の水道の歴史
  • 水道水のできるまで