スマートフォン表示用の情報をスキップ

ごみのルール

ページ番号246821

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年2月24日

ごみのルール

ごみの出し方

(問)まち美化事務所(電話番号を見る)

(問)エコまちステーション(電話番号を見る)

京都市では,ごみを減らすため,分別収集を行っています。ごみの分別・出し方の詳細については,エコまちステーション等で配布している冊子「正しい資源物とごみの分け方・出し方」や「京都こごみネット」をご確認ください。また,ごみの出し方,回収拠点の検索ができ,ごみ減量家計簿としても活用できるスマートフォンアプリ「京都市ごみ半減・こごみアプリ」をご利用ください。

<ごみの半減をめざす「しまつのこころ条例」のポイント>

(1)2R(※注釈)の促進

ごみになるものがなるべく少ないお買い物,環境にやさしい製品の使用など,可能な限り2Rの取組に努めてください。

(※注釈)2R・・・ごみになるものを作らない・買わない「リデュース(発生抑制)・繰り返し使う「リユース(再使用)」

(2)分別・リサイクルの促進

次のリサイクルできるごみなどについては,必ず分別して出してください。

缶,ビン,ペットボトル,プラスチック製の「容器」と「包装」,小型金属類,スプレー缶,リサイクルできる紙類(雑がみなど),大型ごみ

 

  • 指定の有料ごみ袋

京都市では,燃やすごみ及び資源ごみの収集においては,有料指定袋制を実施しています。必ず,指定の有料ごみ袋でごみを出してください。指定ごみ袋以外で出された場合は収集しません。

(家庭ごみ有料指定袋の収入は,ごみ減量・リサイクルの推進,まちの美化の推進,地球温暖化対策に関する事業に活用しています。)

指定ごみ袋は,お近くの小売店,スーパー,コンビニエンスストア等で販売しています。

 

○燃やすごみ用ごみ袋

<燃やすごみ>

生ごみ類,「容器」と「包装」以外のプラスチック類,ガラス,皮革類など

※注意 リサイクル可能な紙類(雑がみなど)・古着類などの資源物は,コミュニティ回収や資源物回収拠点にお出しください。

○資源ごみ用ごみ袋

<缶・びん・ペットボトル>

飲料・食品用の缶やびん,飲料・酒類・しょうゆ用のペットボトルなど

<プラスチック製の「容器」と「包装」>

トレイ類,ボトル類,袋類,カップ類,キャップ類,緩衝剤(発泡スチロール等)など,「プラマーク」が付いているもの

 

  • 定期的に収集するごみ

【燃やすごみ】

京都市家庭ごみ収集用指定袋 黄色い「燃やすごみ用」に入れて決められた場所に出してください。週2回

 

【缶・びん・ペットボトル】

京都市家庭ごみ収集用指定袋 透明の「資源ごみ用」に入れて決められた場所に出してください。週1回

 

【プラスチック製の「容器」と「包装」】(プラマーク)

京都市家庭ごみ収集用指定袋 透明の「資源ごみ用」に入れて決められた場所に出してください。週1回

 

【小型金属類・スプレー缶】

中の見える透明な袋に入れて「金属」と表示して出してください。

※注意 なべ・やかんなどの最長部分がおおむね30㎝ 以下の金属類。月1回

※注意 区役所・支所にも出せます。(月2回)

 

  • それ以外のごみ

【雑がみ(雑誌・チラシ・封筒・紙箱等)・古紙(新聞・ダンボール)】

地域の集団回収(コミュニティ回収)や民間回収事業者に出してください。
これらの回収を利用できない場合は,散らばらないようにひもでしばるか紙袋に入れるなどして決められた場所に出してください。

※補足 区役所・支所(月2回),まち美化事務所,上京リサイクルステーションなどの回収拠点や移動式拠点回収にも出せます。

【古着類】

地域の集団回収(コミュニティ回収),区役所・支所(月2回),まち美化事務所,上京リサイクルステーションなどの回収拠点や移動式拠点回収に出してください。


【乾電池・リユースびん・蛍光管・使用済てんぷら油・その他拠点回収や移動式拠点回収できるもの(※注釈)】

区役所・支所,まち美化事務所,上京リサイクルステーションなどに出してください。

(※注釈) 小型家電(高さ30cm×幅40cm×奥行40cm 以下のもの)・記憶媒体類・充電式電池・ボタン電池・使い捨てライター・水銀体温計・水銀血圧計・インクカードリッジ・刃物類・紙パック など

※注意 拠点によって回収できる品目が異なります。

※注意 区役所・支所には刃物類は回収していません。


【大型ごみ(有料)】

(問)大型ごみ受付センター 0120-100-530(通話料無料)

      (携帯電話から 電話 0570-000-247(通話料有料))

事前に電話で申し込んだ上で「粗大ごみ処理手数料券」を貼って出してください。

※補足 携帯電話やIP電話等で通話割引サービス(定額制,無料電話等)を利用されている方は,電話 330-6100にお掛けいただくことで,通話料無料となります。

 

【持込ごみ(有料)】

(問)南部クリーンセンター 電話 611-5362

(問)東北部クリーンセンター 電話 741-1003

直接クリーンセンターに持ち込んでください。

※注意 東北部クリーンセンターでは,大規模改修工事に伴い,令和3年2月1日(月曜日)から令和3年5月30日(日曜日)まで持込ごみの受入れを停止します。
受入れ停止期間中は,南部クリーンセンターへお持ち込みください。通常の受付時間を拡大して受入れを行います。

<南部クリーンセンター受付期間>
【令和3年2月1日から5月30日】月曜日~金曜日(祝日も受付),第2・第4土曜日
午前9時~午後5時(正午~午後1時も受付)

詳しくは,「持込ごみの受入れについて」をご覧ください。

 

【エアコン,テレビ,冷蔵庫・冷凍庫,洗濯機・衣類乾燥機,パソコン】

販売店等にご相談ください。

 

【その他,市では収集・持込できないもの(※注釈)】

販売店等にご相談ください。(※注釈)自動車・タイヤ・ピアノ・大型モーター・消火器など

 

民間業者がごみを収集するマンションにお住まいの方

(問)資源循環推進課 電話 213-4930

民間業者が収集するごみは,指定の有料ごみ袋は使用せず,必ず透明袋(無色透明または白色透明)でごみを出してください。また資源ごみ(缶,びん,ペットボトル,プラスチック製の「容器」と「包装」,小型金属類,スプレー缶,古紙(新聞・ダンボール)・雑がみ(雑誌・チラシ・カタログ・紙箱等))及び大型ごみは分別し,お住まいのマンションのルールに従って出してください。

 

フッターナビゲーション