スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

大規模災害に備えて,河川からの吸水訓練を実施!

ページ番号273792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月26日

大規模災害に備えて,河川からの吸水訓練を実施!

 上京消防署では,8月14日に大規模災害対応訓練の一環として,河川からの吸水訓練を実施しました。

 京都市消防局では,大規模災害に備えて「河川等止水シート」という器材を導入しています。これにより,大規模災害時に水道消火栓が使用不能となった場合,水深の浅い河川からでも,消火活動に必要な水量を確保することが可能となります。

 今回の訓練では,平均水深が約5センチメートル程度である紙屋川で「河川等止水シート」を使用して,川を一時的にせきとめて水を確保し,ポンプで吸水後,放水するといった一連の流れを確認しました。

 万が一の大規模災害に対して早期に万全の対応ができるよう,上京消防署では常に準備を整えています。

「河川等止水シート」の設定をしている様子


「河川等止水シート」を使用して水量を確保している様子

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局上京消防署

電話:075-431-1371

ファックス:075-414-1999