スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

危険物安全週間2~危険物地下タンク貯蔵所の定期点検を実施しました~

ページ番号271319

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月26日

 上京消防署では,危険物安全週間(6月7日から同月13日まで)の期間中に,ガソリンスタンドや危険物を取り扱う事業所の保安体制の強化を図るとともに,区民の皆さんに対して,家庭にある身近な危険物(天ぷら油など)の正しい取扱いについての啓発活動を実施しました。

「危険物地下タンク貯蔵所の定期点検を実施」

 上京消防署では,危険物安全週間中の6月8日,敷地内に設置の危険物施設(地下タンク貯蔵所・軽油3KL)の定期点検を実施しました。当署では専門の点検業者に委託し,実施していますが,今回,職員研修を目的として職員自ら実施することとしました。     

 点検は点検表に従って,上部スラブ(タンク上部に係る荷重からタンク自体を保護する),通気管(可燃性蒸気を火災予防上安全に排出する),漏えい検知管(タンクや配管からの漏えいを検知する),遠方注入口(タンクローリーで移送してきた軽油をタンクに注入する)等について順次実施していきました。

 今回,職員各自が点検を実施することにより,危険物災害への対応はもとより危険物施設の設置指導等に必要な知識の習得にもつながり,効果的な研修となりました。

 危険物に関わる火災や流出事故などの災害は,人命や財産の被害ばかりではなく,環境汚染にも多大な悪影響を及ぼします。 

 点検を通して,早期の異常発見と災害防止に努めましょう。





このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局上京消防署

電話:075-431-1371

ファックス:075-414-1999