スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市北区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

わたしたちのまち北区-鳳徳学区だより

ページ番号56132

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年4月15日

わたしたちのまち北区 鳳徳(ほうとく)学区だより

(市民しんぶん北区版「いきいき北区」 平成21年6月15日号より転載)

 鳳徳学区はかつて貴族の遊覧地として親しまれていた「紫野」に位置しています。現在の学区は,東は新町通,南は北大路通,西は大徳寺,北は今宮通の北側に囲まれたほぼ正方形の形をしています。


安全・安心の取組

地域福祉防災の取組の様子

 鳳徳学区では地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し,様々な取組を行っています。平成18年度は「子どもと大人が互いに顔の見える関係をつくろう」と地域の役員やPTAの皆さんが一緒になって「遊び大会」を実施し,もちつきなどで世代間交流を図りました。平成19・20年度は「要配慮者を含めた福祉防災」をテーマに障害のある方を講師に招き,研修を重ね,すべての学区民への配慮に努めています。今後はこれまでの取組の総まとめをして,どのように活動を継続していくのかが課題となっています。


誰もが住みよいまちづくり

 鳳徳学区は碁盤の目のようになっているのでわかりやすく,生活の利便性も高く,どの世代に対しても住みよいまちです。
 高齢者のための「すこやか教室」や0歳から3歳までの親子のための「ぴよっこ広場」という地域交流の場にもたくさんの学区民の方が集まります。
 鳳徳学区では子供からお年寄りまで住みよい,誰もが住みたいまちづくりを今日も目指しています。 

(鳳徳市政協力委員連絡協議会会長 黒田清太郎様 談)