スマートフォン表示用の情報をスキップ

白川-概要

ページ番号70773

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年9月24日

概要|進ちょく状況

 

 

●白川の改修事業 

 白川は比叡山にその源を発し,如意ヶ嶽の渓水を取り入れ,北白川の町中を西南に通り抜け,鹿ヶ谷南禅寺の西側を経て疏水運河下を流れ,さらに南下して祗園の情緒を川面に移しながら鴨川に流入しています。

 本流域が花崗岩主体の地層であるために風化崩落しやすいことや,下流域の扇状地帯が旧くからの市街地で家屋が連担して,河川幅を広げることが困難なこと等から,大雨が降ると洪水や土石流が発生し,溢水や護岸決壊の被害が何度も繰り返されてきました。このため,昭和48年度から白川本川の改修事業を進めるとともに,平成20年度に鴨川へ放流する地下河川である今出川分水路が完成しました。

 

白川改修後

改修後の白川

白川断面図

工事断面図

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部河川整備課

電話:075-222-3591

ファックス:075-213-1213

フッターナビゲーション