スマートフォン表示用の情報をスキップ

子育てを たすける きまりや 相談

ページ番号251088

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月26日

子育てを たすける きまりや 相談

こんにちは赤ちゃん事業(新生児等訪問指導事業)

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

赤ちゃんを 育てている 人が 相談することが できます。

【対象】 生まれたあと 4か月までの 赤ちゃん。赤ちゃんがいる すべての 家庭。

【内容】 子どもはぐくみ室で はたらく人・助産師<赤ちゃんを 生むのを たすける人>などが 家へ きます。赤ちゃんを 育てることや 赤ちゃんを 生んだあとの おかあさんの 生活について 相談が できます。

【手続きに 必要なもの】 赤ちゃんが 生まれたあと,母子健康手帳と 一緒に もらった 「出生通知書」(ハガキ)を 出して ください。

 

スマイルママ・ホッと事業(産後ケア事業)

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

赤ちゃんを 生んだ人の 心と 体を たすけます。

【対象】 赤ちゃんを 生んだあとに 体の 調子が わるい人や,子どもを 育てるのに 心配が ある人。

【内容】 家族から たすけてもらえない人だけです。病院などに 泊まったり,病院に 通ったりして,心や 体を 楽にします。子どもを 育てることを たすけます。子どもはぐくみ室ではたらく人が 話をきいて, たすけるかどうか きめます。

【期間】 赤ちゃんを 生んだあと 3か月までに 利用を 始めて ください。7日まで 病院に 泊まったり,病院に 通ったりすることが できます。

 

育児支援ヘルパー派遣事業

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

家の 仕事などを たすける人が 家へ きます。

【対象】 おなかに 赤ちゃんが いる人や 赤ちゃんを 生んだ人。赤ちゃんを 生むまえや 生んだあとに 体の 調子が わるい人や,子どもを 育てるのに 心配が ある人。

【内容】 家の 仕事や 子どもを 育てるのを たすける人が 家へ きます。子どもはぐくみ室ではたらく人が 話をきいて,たすけるかどうか きめます。

【期間】 赤ちゃんが おなかに いるときから 赤ちゃんを 生んだあと 1年まで

【利用できる 日など】 1日 1回,1回は 2時間まで。全部で 12回まで(12月の おわりから 1月の はじめは 利用できません。)

【料金】
(1)1時間 800円。
(2)生活保護の 家庭と 市民税を はらう 必要がない 家庭 は 無料です。

 

第三子以降等産前産後ヘルパー派遣事業

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

3人以上の 子どもがいる家庭を たすけます。

【対象】 小学生以下の 子どもが 3人以上いる家庭。(赤ちゃんを生む前は2人以上)または 双子以上の赤ちゃんを生む人・生んだ人。

【内容】 家の 仕事や 子どもを 育てることが むずかしい人のために たすける人が 家へ きます。

【期間】 赤ちゃんを 生む 予定の 日の 2カ月まえから 生んだあとの 2カ月後まで(双子以上の赤ちゃんを生む 場合は 1年後まで)

【利用できる 日など】 1日 1回,1回は 2時間まで。全部で 16回まで(双子以上の赤ちゃんを生む 場合は 32回まで)
※ 12月の おわりから 1月の はじめは 利用できません。

【料金】
(1)1時間 800円。
(2)生活保護の 家庭と 市民税を はらう 必要がない 家庭 は 無料です。

 

乳幼児健康診査

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

【対象】 赤ちゃん(子ども)が4カ月,8カ月,1歳6カ月,3歳のとき

【内容】 医者などが 子どもの 成長を 詳しく みます。病気を はやく 見つけるためです。食べるものや 歯のことや 子どもを 育てる 相談が できます。

【手続きに 必要なもの】 京都市から お知らせの 手紙が きます。

 

ふれあいファミリー食セミナー(離乳食講習会)

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当) (電話番号を 見る)

赤ちゃんが たべるものについて 勉強することが できます。

【対象】 赤ちゃんと その親

【内容】 赤ちゃんの 成長に あわせた 離乳食<赤ちゃんが 食べるもの>について 勉強することが できます。つくるのを 勉強する 教室です。

 

ふれあいファミリー食セミナー(わんぱくクッキング)

(詳しい 話をきく ところ)健康長寿企画課健康長寿推進第二担当 電話 075-222-3424

子どもが たべるものについて 勉強することが できます。

【対象】 小学校へ 入るまえの 子ども(5歳(年長児クラス))と その親

【内容】 親子が 一緒に 料理や おやつをつくります。

 

乳幼児歯科相談

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当)(電話番号を 見る)

【対象】 0歳から 小学校に 入るまえまでの 赤ちゃんと 子ども

【内容】 歯医者が 歯の 健診をし むし歯などがないか みます。子どもの 歯について 心配なことが 相談できます。

 

フッ化物歯面塗布

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

【対象】 2歳と 3歳の 子ども 

【内容】 むし歯になりにくいように フッ化物の薬を 歯にぬります。きまった 歯医者へ 行って ください。母子健康手帳に 入っている受診票<受けるために 必要な紙>を 使うと 無料に なります。

【手続きに 必要なもの】 母子健康手帳に 入っている受診票

 

予防接種

(詳しい 話を きく ところ)区役所・支所 子どもはぐくみ室(子育て相談担当),京北出張所 保健福祉第二担当(電話番号を 見る)

予防接種は 病気を 防ぐ 注射などです。

【内容】 「予防接種と子どもの健康」(母子健康手帳と 一緒に もらった 本)を よく 読んで 接種をして ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション