スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

妊娠前(不妊治療に関する制度)

ページ番号246637

2019年4月1日

目次

1 不妊治療費助成制度

対象

不妊治療を受けている方

内容

健康保険が適用される不妊治療及び人工授精に要した費用の一部を助成します。

助成金額

自己負担額の2分の1。ただし、1年度(4月1日~3月31日)の治療につき、6万円(人工授精を含む場合は10万円)を限度。

問い合わせ先

2 不妊に悩む方への特定治療支援事業

対象

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けている方

内容

特定不妊治療に要する治療費の一部を助成します。

助成金額

治療内容によって異なります。(所得制限等あり)

問い合わせ先

3 不育症治療費助成制度

対象

不育症治療(検査)を受けている方

内容

健康保険が適用される治療に要した費用の一部を助成します。

助成金額

自己負担額の2分の1。ただし1回の妊娠につき10万円を限度。

問い合わせ先

4 男性不妊治療費助成制度

対象

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)に係る精巣内精子採取術を受けている方

内容

治療に要した費用の一部を助成します。

助成金額

20万円(初回は30万円)を限度。

問い合わせ先

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

フッターナビゲーション