スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市南区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ぼうさいコーナー(市民しんぶん南区版 平成22年9月15日号)

ページ番号88540

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年9月15日

防炎品の使用で身の安全を

 料理中にコンロの火が袖を焦がした…。そんな怖い経験はありませんか?私たちが普段身に着けている繊維製品は、たばこやライターなどの小さな火が触れても簡単に燃え上がるため、やけどや死亡事故にもつながることがあります。

 「防炎品」は、繊維製品を燃えにくく加工したもの。日常生活に取り入れることで、身の安全を確保することができます。

 我が家から火災を出さないためにも、防炎品を使用しましょう。

 

防炎品の特徴は?

・着火しても燃え広がりにくく、火元から離せば自然に火が消えます。

・見た目や肌触り、使い心地は、防炎加工していない製品と変わりません。

・幼児がなめたりした場合などの安全チェックもされています。

 

防炎品にはどんなものがあるの?

・パジャマ、エプロンなどの衣類

・布団、シーツなどの寝具

・カーテン、じゅうたん

・車やバイクのカバー(放火防止にも効果的)など

 

 

消防の図画・ポスター・作文を募集!!

 南消防署では、子どもたちが消防に親しみ、防火・防災への意識を高めてもらうため、現在、消防の図画・ポスター・作文を募集しています。優秀作品は、表彰を行い、展示。多数の応募をお待ちしています。

 

提出方法 9月30日(木曜)までに、南消防署または東寺・西八条・久世・吉祥院の各消防出張所へ持参。

募集要項
       募集内容      応募資格
  図画消防車、救急車、未来の消防車など区内保育園(所)、幼稚園、小学校などの幼児・児童
 ポスター防火・防災に関するものなど区内中学校、総合支援学校中学部の生徒
  作文家庭での防火・防災に関するものなど区内小学校などの児童

※様式の指定など、詳しくはお問合わせを。

 

問合せ=南消防署(電話681-0711)