スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

東本願寺前市民緑地(令和3~4年度整備予定)

ページ番号284174

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年5月16日


概要

整備の経緯 ~皆様に愛される新たな名所づくり~

 東本願寺前は,緑豊かな空間の下,「下京・京都駅前サマーフェスタ」など,地域の方々とともに京都市,東本願寺をはじめとした関係者が協働して,地域の活性化に向けた取組や活用が展開されています。

 東本願寺前の一帯がこれまで以上に「賑わい・憩いの空間」「歴史・文化の発信の空間」「修学旅行生などのおもてなしの空間」となり,市民の皆様はもとより,多くの方々に御利用いただける空間を創出するために,京都市道と東本願寺所有の緑地を一体的に「市民緑地」として整備します。

(令和3年6月30日に京都市と東本願寺との間で市民緑地契約を締結)





区域

場所: 京都市下京区常葉町他

面積: 約9,800㎡(京都市道約5,400㎡,東本願寺所有地(緑地)約4,400㎡)


計画平面図

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

主な整備内容

〇既存の噴水を中心とした広場を拡張し,東本願寺前の賑わいを創出する交流の場を提供します。

〇サクラ等の季節を彩る花木を植栽し,緑地部分を芝生に整備することで,緑あふれる憩いの空間を創出します。

〇車道部分を石畳風舗装の設えとするなど,東本願寺と調和した京都らしい風情を感じられる空間を創出します。

〇広々とした多目的広場を緑地と一体的に整備することで,京都の玄関口としてふさわしいおもてなしの空間を創出します。

〇災害時にも活用できるオープンスペースを確保するとともに,トイレや給水スポットを兼ねた手洗い水栓,かまどベンチを新たに                                                                設置することで,誰もが安心して快適に過ごせる場を提供します。

整備スケジュール(予定)

令和2年度     測量,設計

令和3~4年度   工事

令和4年度末    供用開始

工事の進捗等

令和4年4月

 4月の工事は緑地部の排水管路,電気管路の敷設工事を行いました。また,市民緑地の既存の桜が綺麗に咲きました。


        電気管路の敷設


         桜の開花の様子

令和4年3月

 上水道,下水道の市道本管への接続工事を行いました。これらは,今後工事を行う予定の新設トイレ棟や手洗水栓等に必要となる施設です。


         下水道の接続


         上水道の接続

令和4年2月

 市民緑地の南側に位置する「雨庭」を整備しました。「雨庭」とは,雨水を一時的に貯留しゆっくり地中に浸透させる構造を持った,庭園のように設えられた緑の空間の整備です。

※ 「雨庭」の詳しい内容は,以下のページを御覧ください。

https://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000291580.html



令和4年1月

 老朽化した施設や樹木等を撤去しました。令和5年1~2月頃に桜を29本植える予定で,整備後はきれいな桜が咲く緑地になります。



令和3年11月~12月

 令和3年11月19日に市道を閉鎖やバス停の改修を行いました。その後,年内にかけて測量,調査,施設管理者協議や立会等,工事の事前準備を行いました。



寄付の募集

本整備事業を応援してくださる皆様を募集しています!

参考

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション