スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

排水機場の管理

ページ番号86689

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年7月2日

排水機場の管理|京都市建設局所管の排水機場

●排水機場の管理について

 多くの都市基盤河川,都市下水路,普通河川,幹線排水路等の流末に位置する市内南部地域は,勾配が非常に緩やかで流末の宇治川や桂川との高低差が少ないため,自然排水が困難で,大規模な降雨があった場合には,甚大な浸水被害を受けやすい低湿地帯が多くあります。南区や伏見区内のこれらの地域では,出水時に放流河川(本川)から逆流を防止し,内水やたん水を強制排水する必要があるため,排水機場の建設を進めてきました。

 


西羽束師排水機場


洲崎排水機場


小栗栖排水機場


操作パネル


巨大な送水管

●川にゴミを捨てないで!

 

 排水機場には,草や木,ビニール袋に入れて捨てられたゴミ,空き缶,古タイヤ,プラスチック,自転車・バイクなどが流れてきて,排水機場ではとても困っています。

 それはゴミが詰まると,排水ポンプが水を排水できなくなるからです

 一部の排水機場には,上の写真のように,除塵機が設置してありゴミをかき上げ,ポンプにゴミが詰まらないようにしていますが,この作業は,大雨の時にはたくさんのゴミが流れてきて,特にたいへんです。

 かき上げたゴミは,乾燥させたあと燃えるものと燃えないものや危険なものに分けて,それぞれゴミ処分場に搬送していますが,このごみ処理にかかる費用も毎年多額になりとても困っています。

 また,ゴミを川に捨てることは,環境を悪くすることで許されないことです。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部河川整備課

電話:075-222-3591

ファックス:075-213-1213

フッターナビゲーション