スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

排水機場長寿命化修繕計画の策定

ページ番号272026

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年7月15日

排水機場長寿命化修繕計画

 京都市が所有する主要8排水機場について,排水機場の機能を維持し,浸水被害を防止するため,「排水機場長寿命化修繕計画」を平成27年4月に策定しました。

1 排水機場長寿命化修繕計画の内容,構成

(1)概要

 整備・更新の優先度の判定結果を基に,各機器の整備・更新計画を定め,予防保全による長寿命化を図るととも  に,各年度の整備・更新費用を平準化しました。本計画に基づく計画的な予防保全の実施により,計画期間(40年間)において,約80億円の費用を削減できる見込みです。

(2)対象排水機場

 新美豆排水機場,洛南排水機場,三栖排水機場,泰長老排水機場,小栗栖排水機場,淀排水機場,納所排水機場,洲崎排水機場,の主要8排水機場

※京都府が所有している西羽束師排水機場,新川排水機場については,京都府において計画策定予定

(3)構成(別冊参照)

ア 目的

イ 基本方針

ウ 優先度の判定方法と判定結果

エ 長寿命化修繕計画

(4)計画期間

 平成27年度~令和36年度の40年間とします。

2 排水機場長寿命化修繕計画について

 整備・更新の優先度の判定結果を基に,各機器の整備・更新計画を定め,予防保全による長寿命化を図るとともに,各年度の整備・更新費用を平準化しました。

 本計画に基づく計画的な予防保全の実施により,計画期間(40年間)において,約80億円の費用を削減できる見込みです。

3 今後の取組について

 当初5年間は,優先度が2「予防保全(優先的に対応)」に該当する機器について,重点的に整備・更新を行っていきます。

 なお,当初5年間は原則として計画に基づき整備・更新を行いますが,6年目以降は,5年ごとに計画を見直し,適切な維持管理の実施,長寿命化等を目指します。

排水機場長寿命化修繕計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部河川整備課

電話:075-222-3591

ファックス:075-213-1213

フッターナビゲーション