スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

<プラスチックごみ>~リサイクルできないものを入れないで!~

ページ番号309497

2024年2月6日

プラスチックごみの正しい分別にご協力をお願いします。

 各家庭から収集したプラスチックごみ(※)は、京都市の施設に集められたあと、リサイクルできないものを作業員が手作業で取り除いてから、リサイクル工場に出荷しています。そのため、正しく分別されていない不適正なごみが混入していると、火災の原因となったり、作業員がケガをしたりするおそれがあり、非常に危険です。

(※)「資源ごみ」として回収するプラスチック製の「容器」と「包装」、プラスチック製品(令和5年4月から)                        


     〈分別作業の様子〉


     〈分別作業の様子〉

資源ごみに混入していた「不適正なごみ」の一部

 以下の写真は、資源ごみのごみ袋に混入していた「不適正なごみ」のほんの一部です。


       〈刃物類〉


  〈医療系廃棄物(注射器など)〉


  〈リチウムイオン電池内蔵機器〉


      〈電化製品等〉

禁忌品数量について(令和5年~)

 注射器などの感染性のある医療系廃棄物や、リチウムイオン電池を内蔵している電子機器、包丁やはさみなどの刃物類といった危険品は、リサイクルの妨げとなることから、「禁忌品」と呼んでいます。 
 下記の表は、プラスチックごみの選別作業を行っている京都市横大路学園にて混入が確認された、禁忌品の1箇月あたりの数量です。

禁忌品数量について(令和5年~)
 種    類    内   容 物令和5年
  1~7月
(平均)
令和5年
   8月
令和5年
   9月
令和5年
  10月
令和5年
  11月
令和5年
  12月
令和6年
   1月
刃物類包丁、カッター、カミソリ、
ハサミ等
 11.7kg  10.5kg 11.0kg  21.5kg 18.0kg 18.6kg 15.7kg
医療系廃棄物インシュリン注射、
注射器、点滴パック等
 81.2kg102.7kg108.0kg 97.8kg 90.0kg 81.3kg 73.3kg
リチウムイオン電池内蔵機器小型扇風機、電子タバコ、モバイルバッテリー等
 15.9kg 10.7kg 18.5kg 18.2kg 20.6kg 20.7kg 16.2kg
電化製品等ドライヤー、スピーカー、
炊飯器、掃除機等
  9.8kg 12.7kg 17.5kg 10.3kg  8.0kg 15.6kg 21.1kg
その他の危険品ライター、スプレー缶等
 76.7kg 79.7kg 85.0kg 85.6kg 75.9kg 95.3kg 57.1kg

※京都市横大路学園集計(令和6年2月5日現在) 
※その他の危険品は、令和5年4月から集計を開始

適切な分別方法について

 適切な分別方法について以下のホームページよりご案内しております。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局適正処理施設部施設管理課

電話:075-222-3964

ファックス:075-212-9826

フッターナビゲーション